ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



食べたもの

つじ田 奥の院で煮干しらーめん(飯田橋)

つじ田の出店地域選定はどうなっているのだろうか。世間的にはいわゆるドミナント戦略ということなのだろうが、ここ飯田橋には3店舗が隣り合っているという状態である。飯田橋サラリーマンにとっては日々の選択肢が増えてよいことだし、この3店舗をローテー…

俺の焼肉 銀座4丁目店で焼肉(銀座)

知人に呼ばれて訪れた俺の焼肉屋さん。最近は「俺の」とついていても俺の株式会社なのかどうかよくわからない状況なっていて、街中で見知らぬ「俺の」を見かけると、「俺のシリーズ、完成していたの!?」となるわけで、そうなると「負けてらんないの、あん…

牛恋 神田店でひとり炙りユッケ(神田)

飲み会に呼ばれてこの店にやってきたわけだが、待てど暮らせど他の連中がやってこない。 ぼく、いじめられているのかな、と地面に指でまるを書いたり、生中を2杯とハイボールを飲んであぶりユッケとチャンジャを食べていたら、30分ほど遅れてみんなが到着。…

古屋旅館で会席料理(静岡県・熱海)

熱海の夜は古屋旅館に宿泊。料理がおいしいという評判のみで決めた宿ではあったが、やはり料理がおいしいといことでサービスもすばらしいし、お風呂もよかった。部屋にも露天風呂がついていて、満腹のお腹を減らすのに役立つ。夕食は懐石料理。飲み物はせっ…

パン樹 久遠で天狗ラスク(静岡県・熱海)

熱海駅の近くにあったパン屋さん。昼前頃に入ったのだけれど、ほとんどのパンが売り切れていた。人気のあるパン屋さんなのだろう。 なぜだか天狗ラスクが押されていて、このラスクは熱海駅の中のお土産屋さんにもおかれていたので名物なのかもしれない。 ち…

喫茶室やすらぎで冷たい抹茶(静岡県・熱海・起雲閣)

なんとなく鈍行列車に乗って熱海まできたものの、特にすることもない。貫一お宮を見にいくと、浜辺にはパーティーピーポーたちと子ども連れの家族。少し違うなと思い、南へ下るとここ起雲閣があった。そろそろ暑さも限界だったので、とりあえず入ってみる。…

谷口食堂で鍋焼きラーメン(高知県・蓮池町通)

高知ではすばらしいグルメを堪能した。しかしまだ夜は早いということで、市街をふらふらとさまよい、たまたま見つけたスナックに吸い込まれてみたところ、これが存外楽しかった。60代と思しき女性2人がやっていたその店は、僕くらいの年齢の人がなかなか来な…

月で高知の地のもの(高知県・大橋通)

高知2日目の夜。2日目といえど翌日の午前中の便で東京に戻るため、これが最後の晩餐である。友人が用意してくれたお店は普通の一軒家。看板も何もない。外観はただオシャレなおうち。 玄関をがらりと開けるもまだまだ普通のおうち。靴を脱ぎあがる。オープン…

萩の茶屋で長太郎と肉(高知県・土佐市)

高知2日目。高知在住の友人がどうしても連れていきたいと車にのって30分。オープン前に到着するのが無難とのことで、地元でも相当人気店なのだろう。事実、到着してまだ少し時間があったので車の中で待機していたら、どんどんと駐車場に車が入ってきて行列が…

松ちゃんでラーメンと餃子(高知県・蓮池町通)

さて、高知県初日もそろそろ締めである。噂によるとここいらにも屋台があるらしい。じゃあ屋台で一番うまい店はどこなんだという話になる。すると高知の方々は口をそろえて、ここ松ちゃんをおすすめしてくれた。人気店でいつも繁盛しているとのことだが、運…

土佐酒バルで地酒(高知県・はりまや橋)

一軒目で飲んだあとにひろめ市場へ行ってみたものの、あまりの人の多さと観光地感のすごさにちょっと引いてしまって、雰囲気だけ味わって退散。どこかで飲みなおしたいなと道行く若者にどこかいい店はありませんか?と尋ねてみたところ、自分たちもあまり詳…

くもん屋で高知の地のもの(高知県・はりまや橋)

こうちーこうちー。ということで高知県にやってきた。15時くらいに家を出たら19時には居酒屋で酒を飲めているんだから、高知県は近い。というか日本は狭い。 ということでこれからしばらくは高知県のお店ばかり載せていくことになります。ご了承ください。 …

加賀屋でフライドポテト(錦糸町)

加賀屋について本気出して考える機会なんてなかなかないものだから、考えてみたのだけれど、特に意味がないことに気付いてやめた。加賀屋は加賀屋でいいのだ。 とりあえず生つって、めちゃくちゃに種類の多いメニューからいろいろと考えた結果、ポテトフライ…

わいずで家系ラーメン(神田)

お酒を飲んだあとにこんなものを食べるわけにはいかないのだけれど、神田のサラリーマンたちはその過ちをいとも簡単に犯していくのである。強烈に惹きつけられる何かがあり、まるで磁石のように行列の最後尾にじりじりと吸い寄せられ、ぴたりと張り付いてし…

トラヤ トウキョウであんみつ(東京)

甘いものってたまらんよね。ということで、とらやのあんみつを食べてきた。やっぱりあんこがおいしい。なめらかで濃厚。そして甘い。たま、らん、よね。何がたまらないのか、といえばこの背徳感だろうと思う。年齢的に甘いものを敬遠しがちで、お酒なんかは…

さくらで流しそうめん(六本木)

夏だからやっぱりそうめんは流したいし、スイカは割りたい。しかしながら現実的にはなかなか実現が難しいのは、設備的投資、及び時間的投資が膨大だからだ。東京においてそれほどのスペースを確保できる場所がいくつあるだろうか。そんな課題を銭で解決しよ…

ばいこうけんで旭川ラーメン(東京)

まったくもって存じ上げなかったのだが、梅光軒さんは旭川を代表するラーメン屋さんなのだそうだ。昭和44年に開店して以来、約50年間もの間、人気であり続けるのはものすごいことである。そんな梅光軒が東京にもあるらしいということで訪れてみた。ただ名前…

もり一で回転寿司(田端)

最近なにかとネット上で話題になっているもり一。あまり有名になってしまっても困るので、やめていただきたい。混むのは神保町店だけにしてほしい。とはいえやはり今日も満席で、壁に沿って行列ができている。持ち帰りも1時間待ち。さすがだ。 そんな行列を…

馬賊で冷し中華(日暮里)

今年も馬賊で冷し中華がはじまったが、そういえば食べたことがなかったなと思い立ち訪問。じりじりと照りつく太陽の下、日陰の少ない日暮里駅東口を歩くのは超大変。これで外に並ぶことになったら死を覚悟するレベルではあったが、運よく相席で座ることがで…

ただいまで串揚げ(日暮里)

東京近辺にいくつかある串揚げ屋さんだそうで、「ただいま」というネーミングがなんだか海外にある日本料理屋のようだなと思った。 入店してとりあえずビールといきたかったのだけれど、ちょっと調子が悪かったのでハイボールを大ジョッキで。お通しをお出し…

天狗で焼肉(錦糸町)

焼肉とは難しいものだ。肉の好み、焼き方、作法など、いろいろと考えるべきポイントがある。自分などは若手の頃に厳しい先輩社員から焼肉の作法を教わり、タレ肉の焼く順番を間違えたときは激怒されたりもした。最近の若手にはのびのびと焼肉を楽しんでほし…

あぺたいとで両面焼きそば(馬喰町)

今週は焼きそば強化週間ということで、こちらの店にもおじゃました。 両面焼きそばというものがウリだそうで、茹で麺を鉄板に広げ、焼き色がついたらひっくり返して焼くという調理方法をとっている。こうすることで麺にパリパリした部分とモチっとした部分が…

みかさで焼きそば(神保町)

焼きそばブームの火付け役であるみかさもそろそろ落ち着いたかなとひさしぶりに訪問。13時過ぎだったということもあり、先客は5人だけ。なかなかよいタイミングだった。 しかしながら、ラーメン屋に比べると調理にはるかに時間がかかるため回転率は悪めで、…

角打 神田店でおでんなど(神田)

角打とあったので角打なんだなと思ったら角打じゃないようで。ちょろっと調べてみると株式会社サンケイ会館が展開しているレトロ酒場をイメージしたコンセプト居酒屋のようだ。 ちょろっと飲みたいだけだったのでおでんの盛り合わせを注文。店内はカウンター…

蒼天 南口店で焼鳥(大塚)

大塚の超人気店。最近は月に一度程度おじゃましている。 串5本セットと刺身を注文して、カウンターでグダグダしていると少しずつ串が出てきて、酒を頼んで、そしてまた串を食って、酒を飲んでとやっているといつの間にやら2時間ほど経っていて、そりゃあ焼き…

カメヤでカレー番長(押上・向島)

向島散歩を楽しんでいたら主婦たちが吸い込まれていく場所がある。主婦だけでなく子どもたち、そして近くの学校で部活をしているのであろう学生さんたちがこぞってこの店に入っていく。いったいなんじゃと思って見ると、のぼりに焼きたてパンと書いてある。…

広東炒麺 南国酒家 東京駅店であんかけやきそば(東京)

あんかけ焼きそばについての知識を深めようと思っても、なかなか一筋縄ではいかない。いわゆる大衆的な中華料理屋さんの一メニューであり、高級店の高価格メニューでもあるから、どこで食べていいのかわからないのだ。しかしながらここはあんかけ焼きそばの…

いっとんでおろしとんかつ定食(船橋)

何かを間違えて船橋駅に来てしまった。北口を出てフラフラしていると大型の集合住宅があり、その下になぜだかお店が並んでいる。やあ、まあよくある形態ではあるのだけれど、少し閑散とした場所だったのでちょっとびっくりした。その中のひとつがとんかつ屋…

麺屋武蔵 神山で神山らーめん(神田)

泣く子も黙る麺屋武蔵である。はじめて食べたときはチャーシューに衝撃を受けたものである。こちらのお店ははじめて。ずっとシンザンだと思っていたのだが、カンザンらしい。神田だからかな。 神山らーめん(1100円)を注文。チャーシューのコストがかかるの…

ラ・ブランジュリ・キィニョン エキュート上野店でちくわパン(上野)

かわいい看板が目印、スコーンがおいしいキィニョンだけれど、僕はソフト生地の総菜パンも好きだ。 ということで今回購入したのは焼きそばパン(160円)とちくわパン明太子(220円)。焼きそばパンはドッグではなく包餡タイプだ。上部にマヨネーズがついてい…

ル・プチメック東京でバゲットサンドなど(新宿)

ついにプチメックが閉まってしまう。記念的な意味もこめて書いておこうと思う。プチメックはやはりフリュイルージュに代表されるデニッシュと、ハード系のバゲットがピカイチである。特にデニッシュはこんなにも美味いパンがあるのかと感動したほどだ。土曜…

プレスバターサンドでバターサンド(東京)

東京駅にめちゃくちゃ行列ができているのは目撃していたのだが、しょせんは東京駅という好立地のおかげだろうと敬遠していた。そのまますっかり忘れていたのだけれど、今回通りかかったら行列はなし。さすが東京。流行りも早いが、落ち着くのも早い。これが…

焼肉LAONで焼肉(神田)

なんだか肉が食べたいなあと思い、席が空いているか確認の電話を入れたところ30分後に空くとのこと。では30分後に伺いますとぴったりの時間にいったところ、まあ、席は空いておらず、外で20分。なんだかヒラヒラとした韓国人の方が出てきて、どうぞという。…

吉原もんでお蕎麦とお酒(三ノ輪・浅草)

墨田川からスポーツセンターを抜けて、今戸、東浅草をてくてく歩く。裏浅草のほうは散歩のしがいがあるのだ。何があるのだと問われても特にこれといった浮かばないが、歩いてみればきっと楽しいと思うよ、僕は。さらに三ノ輪方面に向かった吉原大門の近くに…

満なかやでレバテキ(神田)

神田で数人ふらっと酒を飲もうと思うと以外と店がないなと感じている。いわゆる二極化ということで、人気店とそれほど人気のないお店。人気店は当然人気だからなかなか入れない。人気がないお店はあまりおいしくない。そして、あまり知られていないがしっか…

節骨麺 たいぞうで節骨こってりたいぞうらー麺(池袋)

旧友とひさしぶりに会い、池袋で2軒まわってさて帰ろうとなったのに、ツレがふらふらとラーメン屋に吸い込まれていくのである。だから痩せないんだキミは、とぶつぶつ言いつつも、僕の胃袋もスタンバイオッケーという塩梅であったので、割と素直についていっ…

カヤバベーカリーで酒に合うパン(日暮里)

よく自宅あたりから上野まで散歩をする。いわゆる谷根千あたりをブラブラを歩いたり、お正月は七福神の御朱印をもらうためにお寺を巡ったりもした。みなさんの頭に「なんて寂しいやつだ」という僕のパーソナルな情報をインプットしたところで、本題に入りた…

かつ進でカツカレー(神田)

外観だけだと分かりにくいようなのだけれど、昼時の行列を見てもらえればわかる通り、ここの豚カツはおいしい。 でもだからこそカツカレーを食べたくなるのである。割と遅めにランチに行くことが多いものだから、カレーがないこともしばしば。ただ座ってから…

仙道でワイン(新橋)

新橋で2軒目にいくお店は長らく決まっていて、ワインバーだったのだけれど、店長さんが作ってくれるグラタンが大好きだったのだ。席があいているか電話すると必ず店長が「グラタンありますよ」といってくれた。そのお店が閉店したのが昨年末のことで、そのあ…

三政でもつ焼き(新橋)

昔の会社の方たちとひさしぶりの再会。新橋で気になっていたこのお店を予約してくれていた。この一角は魅力的な雰囲気の店が多いのだが、新橋という酒飲みたちが集まる場所柄か大衆っぽい雰囲気で実は名店、予約でいっぱいなんてことがあるので、こういう機…

かつぎやで排骨担々麺(神田・小川町)

以前、中国近辺に住んでいたときに食べていたお気に入りの担々麺はスープがさらさらとしていて、辛さはあまりなく、ナッツが入っていておいしかった。日本の昔ながらの胡麻がきいた担々麺もおいしい。最近の痺れ系はあまり得意ではないが、人気がある理由は…

博多天神 新宿東口駅前店で豚骨ラーメン(新宿)

「東京リーマンが集まるところに博多天神アリ」とは昔のえらい人がいった言葉らしいが、さきほど「東京 博多天神」で検索したところ11店舗がヒットし、そのどれもがサラリーマンという名の魑魅魍魎が跳梁跋扈している土地だったので戦慄するしかなかった。こ…

雅楽で白ぶたの肉うどん柚子胡椒添え(飯田橋)

飯田橋を歩いているとうどん屋を見つけた。 店頭に「ごまだれせいろ」なんてメニューがあったものだから、水沢うどん系なのかと思ってのぞいてみたら全然そんなことはなくて、どちらかというと居酒屋という雰囲気。店員さんにおすすめを聞いて「白ぶたの肉う…

汁なし担担麺専門 キング軒で汁なし担担麺(浜松町)

11時30分に店に到着。食券を出し、コートを脱ぎ、鞄を置き、セルフの水を取りにいって戻ってきたところで、「はいお待ち」と丼が出てきた。麺を数十秒茹でて、チャーってするマシーンで湯切りして、ぱっぱっていろいろ振り掛けたやつが目の前に置かれている。…

ヌキテパでフレンチ(五反田)

五反田をゲスい側から上品な方へ抜けた先にあるフレンチ。とにかくシンプルでおいしい料理の数々。スイカにこだわりがあるようで、スイカのカクテルをいただいたら甘いスイカがまるっと入ってて、かわいかった。 魚介系が中心で、焼き貝などが出てくるのだが…

MENSHOで小麦つけめん(護国寺)

行ってみたかったお店。 挽きたて小麦つけめん(1000円)と卵かけごはん(250円)を注文。 最初に麺と共に水が出てきて、「麺の香りが超いいから、水つけて食えよ最初は」って言われたので、そうしたら確かに小麦の香りはすごかったし、なんだか甘さも感じて…

豊しまで肉そば(飯田橋)

飯田橋で仕事が終わり、時間は正午。ぞろぞろ引き連れていた後輩たちに「若いものは若いもので楽しくランチしてきなさい。ほなまた」とコミュ障っぷりを発揮する一言を伝え、すたこらさっさと逃走。歩道橋を渡って反対側へ出たところで、こちらの店を見つけ…

玉ゐ 本店で穴子料理(日本橋)

「飲みにいきましょうよ、店とっときます」と後輩からの誘い。かまわんよと二つ返事で指定された場所へ向かったらとんでもない雰囲気のある店にきてしまった。なんだろう、今夜あいつに抱かれるのかしら。なんてドキドキしながら入店。どうやら穴子専門店と…

七條でカツカレー(神田・小川町)

海老フライがおいしい。衣がふんわりして、それでいてサクっとした食感があり、海老の弾力もしっかり残っている。こんなにおいしいフライを食べたのはひさしぶりだった。ひたすらに大きい海老フライもそれはそれでワクワクするけれど、お上品な海老フライに…

普段着ワイン酒場GETABAKIでワイン(神田・淡路町)

あっという間に白ワインのボトルが空いて、そうしているうちに赤ワインのボトルが空いて、もう1本とお願いして。そりゃあお会計もそれなりのお値段になってしまうわけで、こちらのお店がお高いというわけでは全然なくて、なんだかこの店のカウンターで飲んで…