ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



麺屋福丸で鴨だし醤油ラーメン(笹塚・幡ヶ谷)

昨年オープンした福丸へ。場所が笹塚と幡ヶ谷のちょうど間くらいで、どちらからも微妙に遠い。そのせいか入れ替わりの激しい場所らしいのだが、こちらはすでに1年以上も客足が途絶えない人気店となっている。

f:id:cattee:20180916003135j:plain

f:id:cattee:20180916003143j:plain


店主さんは麺屋武蔵の出身らしいが、スープは鴨をベースにした清湯系をメインにしている。卓上のPOPによると岩手県産の鴨を使用しているとのことで、こだわりを感じる。

f:id:cattee:20180916003211j:plain

f:id:cattee:20180916003156j:plain

f:id:cattee:20180916003307j:plain


注文したのはオーソドックスな「鴨だし醤油ラーメン」(800円)。

f:id:cattee:20180916003223j:plain

見た目からして美しい。中央に低温調理のチャーシューがどんと置かれ、そこに青ネギと玉ねぎ、隣に筍、そして柚子が彩りよくのっている。

f:id:cattee:20180916003234j:plain

 

鴨油がしっかりと膜をつくっていて、スープを飲むと想像以上の鴨風味がやってくる。醤油と鴨の相性っていいですね。

f:id:cattee:20180916003301j:plain


麺はカネジン製とのこと。中細ストレートで硬パツ系。つるみもあり、歯切れよく食べられる。

f:id:cattee:20180916003322j:plain


途中で食べる筍や玉ねぎがいいアクセントになっている。時折ふわっと香る柚子もいい。

f:id:cattee:20180916003524j:plain


チャーシューは大きく、肉としての存在感も強い。柔らかくて食べやすい。

f:id:cattee:20180916003532j:plain


接客もとても丁寧で、応援したくなるラーメンだった。ラーメン自体はオーソドックスな鴨醤油ということで、白湯やつけ麺などの他のメニューで特色を出しているのかなという印象。創作系の冷やし麺もやっていたので、他のメニューも食べてみたい。

 

おじさまと猫 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスpixiv)

おじさまと猫 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスpixiv)