ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



★とんかつ

むさしやで上ロース定食(大門・浜松町)

昔、夜に食べにいった際に極上ロースを注文したら、ご主人がカウンター越しに肉をもって「これ使います」って見せてくれたのを覚えている。肉質に自信があるということだろう。 今回はランチで伺った。5人ほどの並びだったので店内で待つ。カツカレーが食べ…

とんかつ ゆたかでロースかつ(浅草)

浅草のとんかつといえばこちらのお店。割烹料理屋さんのような佇まいや清潔感、風情があり、とても上品なとんかつ屋さんである。接待などでも使われることが多く、人気のお店である。お店の前を通ると無性に食べたくなり、ふらっと中に入っていた。 開店すぐ…

とんかつかっぽう かつぜんでロースかつ(銀座)

ミシュラン一つ星というのはすごいことで、結論からいえばおいしい。とんかつという大衆料理をここまで上品に食べやすくできるのかという驚きがある。とんかつのひとつの方向性としてレベルを極限まで引き上げたお店だと思う。 九州産黒豚のロースかつ(4,70…

成蔵で日本一のとんかつ(高田馬場)

一度くらいは日本一のとんかつを食べてみたいじゃないか、と気合を入れて開店30分前に店に到着したのだが、既に並びは30人を超えている。あまりの行列の長さに目が飛び出て「どーん!」と擬音がつく古典的マンガ技法のような感じになった。ちょっと舐めてた…

とんかつ 万平で牡蠣バター(淡路町)

肌寒い季節になると万平を思い出す。冬の到来を告げる風物詩のような存在だ。 そう牡蠣バターの季節である。少し早めの11時半過ぎに店に入るとほぼ満席。なんとか空いていた席に座る。そして淀みなく注文を伝える。「牡蠣バター」と。牡蠣バターは2,000円だ…

ふくよしでカツカレー(秋葉原)

無性にカツカレーが食べたくなって、でもオシャレなカレーじゃなくてカツがちゃんとおいしくて、バクバク食べれて、でもご飯は余らないくらいのカツカレーがよくて、そんな最高のカツカレー屋さんがあるのかしらと探してみたら、ちゃんとあった。日本サイコ…

丸一でロースかつ定食(蒲田)

蒲田で電車をおりようもんならもう口がとんかつを求めてしまう。あまり並んでいないことを祈って、商店街を通って丸一へ向かう。 並びは8人ほど。これなら待てるということで、一番うしろに並ぶ。待っていると注文をとりにきてくれたので、極上ロースかつ定…

いっとんでおろしとんかつ定食(船橋)

何かを間違えて船橋駅に来てしまった。北口を出てフラフラしていると大型の集合住宅があり、その下になぜだかお店が並んでいる。やあ、まあよくある形態ではあるのだけれど、少し閑散とした場所だったのでちょっとびっくりした。その中のひとつがとんかつ屋…

かつ進でカツカレー(神田)

外観だけだと分かりにくいようなのだけれど、昼時の行列を見てもらえればわかる通り、ここの豚カツはおいしい。 でもだからこそカツカレーを食べたくなるのである。割と遅めにランチに行くことが多いものだから、カレーがないこともしばしば。ただ座ってから…

丸山吉平でランチロース(浅草橋)

東京屈指のとんかつ人気店。蒲田の檍で修業されたというご主人の店。入口には様々な注意書きがあり、頑固オヤジの店的な緊張感が増してくる。ちなみに行列を見越して11時半の開店直後に到着するとすんなり座れた。 初回だったのでオーソドックスなランチロー…