ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



燃えよ麺助で味玉紀州鴨そば(大阪府・福島)

大阪でもラーメンを食べておきたいと地元の方におすすめ店のヒアリングを行った結果と、ホテルから近かったという理由でこちらの店に伺うことにした。

 

人気店ということで開店15分前にはお店に到着するように行ったのだが、甘かった。店頭には既に行列があり、しかも最後尾はここではないらしい。

f:id:cattee:20181117174523j:plain

なにわ筋のマクドナルドの前にも長蛇の列が。すでに30人以上の並び。とんでもない人気店だった。

結局、1時間15分ほど待ってようやく席につくことができた。注文は「味玉紀州鴨そば」(970円)と、これだけ並んだんだからという貧乏根性で普段食べないサイドメニューの「あぶりチャーシュー丼」(ランチ価格250円)も。

f:id:cattee:20181117174547j:plain

f:id:cattee:20181117174555j:plain


店名はコミカルなのだが、店内は清潔感があり、木のカウンターにお盆がおかれている。厨房にいるお二人も真っ白でコックさんのよう。なんとなく蔦のような雰囲気がある。

f:id:cattee:20181117174606j:plain

f:id:cattee:20181117174627j:plain


やってきたラーメンも美しい。大きなチャーシューがどんとのっており、メンマ、味玉、上に白髪ねぎと三つ葉が彩りよく添えられている。

f:id:cattee:20181103152824j:plain

f:id:cattee:20181103152826j:plain


スープはもちろん鴨。

f:id:cattee:20181117174711j:plain

醤油は小豆島のものを使っているとのこと。少し甘味があって鴨の風味とよく合っている。あっさりとしているのに、ものすごいコクと旨味がある。香味油は鶏油かしら。全体のバランスがとてもよくて、こりゃあおいしいぞ。とひとりでテンションあがる。なんでしょうね、このおいしいものを食べたときの多幸感。にやにやしちゃう。

麺は中細ストレート。低加水のパッツリ系。大阪で有名な森製麺製とのこと。

f:id:cattee:20181117174724j:plain


チャーシューは2種類。大きな豚肩ロースチャーシューは低温調理されており旨味がつまっている。

f:id:cattee:20181117174737j:plain

もうひとつは鴨ロース。びっくりするくらい鴨でびっくりした。なんという頭の悪い文章。

f:id:cattee:20181117174745j:plain


味玉にもこだわりが。「うま赤卵」というものらしく、卵黄の色が濃すぎて確かに赤にも見える。これだけでビール一杯飲めるんじゃないかというくらいの濃厚さだった。

f:id:cattee:20181117174752j:plain


ラーメンの合間に「あぶりチャーシュー丼」をいただく。

f:id:cattee:20181117174803j:plain

これがまたおいしい。薄切りのチャーシューから漂う芳ばしい香り。お腹いっぱいなのにどんどん食べてしまう。ご飯を食べたあとにラーメンのスープに戻るとまた至福なのである。

f:id:cattee:20181117174810j:plain


チャーシュー丼とスープを何往復かして、きれいに完食。おいしかった。満腹感は正直あまり好きではなくて苦しいんだけど、この日は満足感のほうが勝って幸せな気持ちだった。あー、おいしかった。