ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



東京煮干し らーめん玉でとろりそば(東京)

東京ラーメンストリートに新しく2店舗入れ変わりがあったと聞いたが、正直なところめちゃくちゃ混む場所なので敬遠していた。ところがそのうちの一店舗が煮干し系と聞いて、こりゃあ行くしかないと強引にやってきた。

f:id:cattee:20181108233517j:plain


こちらのお店は川崎にある「つけめん玉」というグループの新店らしい。様々なジャンルのラーメンを10数店舗運営しているようだ。すいません、全然知りませんでした。

f:id:cattee:20181108233529j:plain


お店に到着するとやはり行列。ただ少し早い時間だったのでそれほどではなく15分ほど待って入ることができた。それにしても六厘舎の並びは相も変わらずすごい。いくつか店舗もあるのに恐ろしいな。

f:id:cattee:20181108233539j:plain

f:id:cattee:20181108233548j:plain

f:id:cattee:20181108233557j:plain


先に購入しておいた「味玉とろりそば」(930円)の食券を渡して席につく。ちなみにメニューは濃厚な「とろり」と通常の「さらり」があるが、当然「とろり」を選択。まわりのお客さんもほぼ「とろり」だった。

f:id:cattee:20181108233611j:plain


やってきたラーメンは見た目満点。注文を受けてから削るという鰹節がいい感じ。

f:id:cattee:20181108233619j:plain


やはりスープからいきましょう。

f:id:cattee:20181108233627j:plain

「とろり」というだけあって粘度は高い。レンゲを持ち上げるだけでいい匂いが漂ってくる。一口すすると意外なことに煮干しよりも鶏の味が強く感じられる。あとから煮干し、そして鰹節がやってくる。思っていたよりも爽やかだ。

麺は中細ストレート。少々硬めのぱつっと系。このくらいの粘度であれば、やはり細麺のほうがスープ絡みがよくて食べやすい。しっかりと一体感のある麺になっている。

f:id:cattee:20181108233637j:plain


この日は特に濃厚系のラーメンが食べたい気分だったので、麺をずるずるすすり、スープをずずずっと飲み、あっという間に食べ終わってしまった。

f:id:cattee:20181108233657j:plain

f:id:cattee:20181108233706j:plain

煮干しがんがんといった感じではなかったが、醤油感のある鶏スープと麺の絡み、削り節の後引く風味で最後までおいしい。あとで気付いたが「まぜ玉」もあったから次はチャレンジしたいけど、きっとこれから並びすごくなってくんだろうな。