ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



地鶏焼 サカイ鳥之助で鶏を焼く(曳舟)

押上から曳舟へ向かう道すがらにあるお店で、ちょっとレトロな外観が良い雰囲気を醸し出している。以前、この近くにある同じ店名の焼肉屋さんに行ったところとてもよかったから、おそらく系列店であるこちらも良い店なんじゃないかとやってきた。

f:id:cattee:20180519144248j:plain

 

f:id:cattee:20180519144435j:plain


18時頃にひとりで訪問したら客が僕ひとりという状況だったが、カウンターの一番端っこに座りとりあえずのビールを注文。

f:id:cattee:20180519144354j:plain


おつまみに鶏ユッケ(780円)を注文。甘めなタレと卵黄を混ぜていただく。

f:id:cattee:20180519144406j:plain

量は少な目だけれど、鮮度は悪くない。ちゃんと食感もある。

f:id:cattee:20180519144333j:plain



もうひとつおつまみにクリームチーズチャンジャ(480円)。基本的にこれをつまみにちびちびやろうという方向性。

f:id:cattee:20180519144422j:plain



いい歳になってきたので大量のお肉はなかなか辛いものがあるのだ。ましてやひとりだから注文する量には気を付けなければいけない。

と思っていたのだが、誤算だったのは一人前のボリュームがなかなかにたっぷりだったことだ。結局、鶏はらみ(480円)、レバー(380円)、ハツ(380円)の3種類でフィニッシュ。

f:id:cattee:20180519144448j:plain

f:id:cattee:20180519144456j:plain

f:id:cattee:20180519144502j:plain


鶏はらみはおいしかった。銘柄鶏というわけではないのだろうけれど、ちゃんと新鮮な肉を使っていることはわかる。この価格でこの量は十分だと思う。

f:id:cattee:20180519144514j:plain

f:id:cattee:20180519144347j:plain



逆にレバーとハツはちょっと多すぎた。や、これはもう完全にこちらの都合なのだけれど、ひとりでこの大量のレバーは食べきるのが大変だったので、計画的に注文すべきだった。

f:id:cattee:20180519144341j:plain

f:id:cattee:20180519144344j:plain



もうお肉は食べられないなと思いながらも口直しをしたかったのでにんにくの丸揚げ(290円)を追加。これでお腹いっぱいです。

f:id:cattee:20180519144551j:plain


一品はともかく焼鳥の価格はとても良心的。ひとりだとちょっと量が多いかもしれないが、ふたりだったらちょうどいいんじゃないだろうか。

余談だけど店内には懐メロが流れていてなんとなく口ずさみながら食べていたんだけど、宇多田ヒカルのFirst Loveが流れたときにちょっと大きめの声で歌っちゃって、近くの席のカップルに睨まれたりした。すいませんでした。

 

First Love -15th Anniversary Edition- (期間限定生産盤)(DVD付)

First Love -15th Anniversary Edition- (期間限定生産盤)(DVD付)