ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



浅草観音裏でやっていたイベント「酔いの宵」がとてもよかったという話(後編)

昨日の続き。

浅草の観音裏でやっていた「酔いの宵」というイベントがとても楽しくて5軒はしご酒をしてしまったので次の日も行ったよという話。イベントの詳細は昨日の前編を参照。

 

suni-chan.hatenadiary.jp

f:id:cattee:20190217141338j:plain

f:id:cattee:20190217141339j:plain

土曜日ということもあって気合を入れて16時頃に浅草に向かう。よし飲むぞーとなんて思っていたのだけれど、大事なことを忘れていた。

 

お店が開いていない。そりゃあそうだ。早くても17時開店、大体の飲み屋は18時以降だ。それくらい調べてから来いという話である。ちなみにカフェや喫茶店も参加しているのでランチからでも楽しめるイベントになっている。

 

16時という中途半端な時間に来てしまった事実は変わらないので観音裏をぶらぶらしながら入れそうなお店を探すことに。

 

見つけたのがこちら「とん将」さん。とんかつの有名店で、過去にテレビ番組にも多数出演されているお店である。こちらを1軒目としようと入ってみる。

f:id:cattee:20190217141409j:plain

 

飲み物はウーロンハイが緑茶ハイとのことでウーロンハイをお願いする。同時にお漬物が出てきた。

f:id:cattee:20190217141405j:plain

 

こちらは控え目なんだなと思っていたら、豚汁と丼が!マジか!

f:id:cattee:20190217141406j:plain

 

こちらの丼はヒレカツの中にニンニクが入った豪快な一品である。ご飯もおそらく200g以上はありそう。

f:id:cattee:20190217141407j:plain

f:id:cattee:20190217214313j:plain

こんなに豪華でだいじょうぶなんですかと店主さんに尋ねると、「ここで最後にしてもらおうと思ってね」とニヤリとされた。確かにこれだけサービスしてもらえれば、次回もまた行きたくなる。

 

それにしてもお腹がいっぱいになってしまった。満腹でお店を出た。

 

あまりのボリュームでお腹が膨れてしまったので腹ごなしに少し散歩をする。18時開店のお店を狙っていこう。

 

続いて2軒目はこちらの「ちゃこーる」さん。焼鳥屋さんである。最近よくいくお店の店主さんがこちらの出身ということを知っていたのでいつか行きたいと思っていたお店である。

f:id:cattee:20190217141413j:plain

 

f:id:cattee:20190217141409j:plain

 

飲み物は基本的になんでもOKということでレモンハイを注文。女性店主さんがすごく丁寧に作られているのをカウンター越しに見ていて、これは絶対においしいやつだと思って飲むと、その通りめちゃくちゃおいしいレモンハイだった。

f:id:cattee:20190217141410j:plain

 

おつまみはうずらの半身。モモとムネが食べ比べできるようになっている。

f:id:cattee:20190217141411j:plain

 

これは美味しい。ここはまたすぐにでも訪問したいお店だ。

f:id:cattee:20190217141412j:plain

 

店主さんにいろいろとお話を聞いて、次は近くにあるお店にしようと決めて店を出る。

 

続いて3軒目はこちらの「おかめ」さん。

f:id:cattee:20190217141421j:plain

 

老舗割烹料理といった雰囲気で普段であれば絶対に入れない雰囲気がある。イベントということで勇気を出して扉をあけると、本当におキレイな女将さんとその娘が迎えてくれた。

 

カウンターと少し座敷のあるこじんまりとしたお店で女将さんも娘さんもとても気さくに話しかけてくれる。

 

飲み物はビールをいただいた。

f:id:cattee:20190217141416j:plain

 

おつまみにマカロニサラダとバルサミコ酢で漬けたごぼうのセット。

f:id:cattee:20190217141417j:plain

 

これで終わりと思いきやおでんも!何度も書いてるけどこれで千円でいいのかしら。

f:id:cattee:20190217141419j:plain

 

女将さんとのお話も楽しくなってしまってついついお酒も熱燗でいただいてしまった。二号も!

f:id:cattee:20190217141418j:plain

 

さらに菜の花の辛し和えをサービスいただいた。ありがとうございます。

f:id:cattee:20190217141420j:plain

 

本当にステキなお店で、また行きたくなる温かい空間だった。普段は常連さんが多いようで、お客さんが帰るまでずっとお店を開けているとのこと。朝方まで営業することもしばしばあるそう。前日までに予約するのがベターだそうなので、次回はそうしようと思う。

 

日本酒を飲んでしまったらさらに飲みたくなってしまったので、すぐ近くの「ずぶ六」さんを4軒目にした。

f:id:cattee:20190217141428j:plain

 

こちらは本格的な日本酒のお店だ。

メニューから好きな日本酒を選べるという大変すばらしいシステムだったので、茨城県の「百歳」をいただく。

f:id:cattee:20190217141422j:plain

 

おつまみはなんと刺身の盛り合わせ!

f:id:cattee:20190217141424j:plain

 

本当に何度も何度も書いているけれど、こんなのを千円でいただいていいのかしらと思うセットである。本当に参加されているお店さんはだいじょうぶなんですか。

f:id:cattee:20190217141425j:plain

 

こんなに立派なお刺身をいただいてしまったら一杯ではおさまらないということで、鳥取県の「こなき純米」を追加してしまった。

f:id:cattee:20190217141426j:plain

 

さて日本酒を飲んだら次はワインが飲みたい。ということで5軒目に21時にオープンとなるワインバー「クロドユータ」さんに向かった。

f:id:cattee:20190217141431j:plain

 

赤か白か選べるということだったので赤をお願いしたところ、2種類あるのでグラスに半分ずつで2つとも飲んでみますかという嬉しいご提案をいただいた。

f:id:cattee:20190217141429j:plain

 

おつまみはオリーブ。

f:id:cattee:20190217141430j:plain

 

こちらもはじめて来たがとても居心地のいい場所だった。人懐っこい店主さんに癒されるワインバーだった。

 

さて6軒目。このあたりまでくるとそろそろいいかなという気持ちになってくるが、小冊子にのっていてどうしても食べたかったおつまみを求めてお店に向かう。

 

「酒処 雄」さんだ。

f:id:cattee:20190217141436j:plain

 

入口を入ると玄関があって靴を脱いであがるスタイル。中は三社祭の写真がたくさんあり、本当に地元の人に愛されているお店なんだなということが伝わる。

 

少し強面だけどとても愛想のいい店主さんにハイボールを作ってもらう。

f:id:cattee:20190217141432j:plain

 

そして食べたかったおつまみがこちらのチャーシュー。観音裏チャーシューと名前がついているこのお店の看板メニューである。

f:id:cattee:20190217141433j:plain

 

こちらのお店はこのイベントの発案者のひとりということで採算度外視でイベントを盛り上げようという心意気のあるメニューを出されているのだろう。

f:id:cattee:20190217141435j:plain

ローストビーフではなくチャーシュー。これがまたおいしかった。

 

時間ももう24時。すでに8時間近く飲んでいる。量はたいしたことないけれど。

さすがにそろそろお腹も限界なのでラスト一軒ということで伺ったのがこちらの「ビストロ 山 doux」である。サンドゥーと読む。

f:id:cattee:20190217141440j:plain

 

こちらでは最後の最後でまた生ビールと牛スジカレーをいただいた。

f:id:cattee:20190217141438j:plain

 

締めに食べるカレーのおいしいことよ。

f:id:cattee:20190217141437j:plain

 

バゲットにつけて食べる。24時過ぎてるけど全然食べられるよ!

f:id:cattee:20190217141439j:plain

 

ということで24時半頃に僕の「酔いの宵」は終了。最終的に2日間で12店舗に行くことができた。

f:id:cattee:20190217222456j:plain

12店舗分のスタンプ。15店舗行きたかったなあ。

 

2日間だけだったが、がっつりと楽しませていただいた。もともとの主旨である入ったことのないお店でも気軽にトライさせるという点に関しては大成功だったんじゃないかと思う。個人的にも入りづらかったお店に行ってみるいい機会になったし、今回行ったお店はどれもまた行きたいと思えるようなお店だったので、近々また行こうと思っている。

 

また、お店で出会った人たちはほとんどが浅草に頻繁に通っている人たちだった。これは告知をあまり広範囲にせず、本当に浅草もしくは飲み屋が好きな人に届けているという点ですごくいいなと思った。内輪向けといえばそうなのだけれど、だからこそお店にとってもメリットのある企画だったのかなと思う。

 

来年もあればぜひ参加したいと思うが、それに向けて気になったことも少しだけ書いておこうと思う。

 

  • 価格が1,000円と1,080円の店があった。レジを使っているところなど事情はあるだろうが、お釣りの出ない1,000円均一価格にすれば千円札を握りしめてお店をまわるというような、お祭り感が出たんじゃないかと思う。
  • メニューを公表しているお店が少なかった。後半はお酒飲みたいんだけどおつみまはそれほどいらないという状況になる。このお店は軽めに食べられるなとか、逆にお腹減っているからボリュームのあるお店がいいなと事前に調べられるようなものがあればよかった。
  • 個人的に寒いなかで飲む歩くのは好きなのだが、周囲の意見を聞くに飲み歩くには寒かったという話が多かった。確かにイベントの性質上、歩く時間も長いので春や秋などの過ごしやすい時期にやるというのもあるかもしれない。

 

他にもちょこちょこ細かい話はあるが、そんなのどうでもいいくらいに楽しいイベントだった。主催のみなさま、ありがとうございました。また次回も参加したいので開催よろしくお願いします!