ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



銀座 創龍で大江戸焦がし醤油(銀座)

野方ホープのプロデュース店ということは聞いていたが、実は野方ホープに行ったことがなかったものだから、味の想像はほぼゼロ。とはいえなんとなくの背脂チャッチャで庶民的というイメージで挑んでみた。銀座は行きやすくていいですね。

f:id:cattee:20181221001317j:plain

f:id:cattee:20181221001328j:plain


お店に着くと全然イメージと違うこれぞ銀座スタイル。通された中央のテーブルには謎のオブジェがあり、メニューを見ればシャンパンまであって、これはかなり狙ってきたなという印象。

f:id:cattee:20181221001402j:plain


ラーメンも想像していた豚骨ではなく醤油がメインのようなので、「大江戸焦がし醤油」(930円)を注文。ちなみにトッピングはないらしい。

f:id:cattee:20181221001353j:plain

f:id:cattee:20181221001422j:plain

f:id:cattee:20181221001503j:plain

 

注文して3分ほどでラーメンがやってきた。早い。店員さんがたくさんいる店は役割分担ができていて気持ちがいい。

f:id:cattee:20181221001523j:plain

見た目は焦がし醤油とあったようにかなり濃いめの醤油が登場。なんちゃらブラックのよう。表面は油で覆われている。

f:id:cattee:20181221001533j:plain


スープは見た目通りのしっかりした醤油。おそらく鶏系の出汁がしっかりときいていて、醤油に負けないコクがある。

f:id:cattee:20181221001606j:plain


麺は中細ストレート。カタパツは単純に好みの食感。喉越しもよくてすすりやすい。スープの系統だともう少し柔らかくても合いそう。

f:id:cattee:20181221001617j:plain


細めのメンマや白髪ねぎが濃い醤油味のいいアクセントになっていて、食べやすさもある。海苔も香ばしくていいぞ。お店の戦略にまんまとはまっている感はあるが、おいしい。

チャーシューは多少硬さはありつつも、噛みこみがあって濃いめのスープといっしょにもぐもぐ食べられる。

f:id:cattee:20181221001627j:plain


卓上には江戸菜と辛もやしが置いてある。

f:id:cattee:20181221001641j:plain

口直しにもちょうどいいし、もしお酒飲んでいたら無限に飲めてしまいそうで怖い。

f:id:cattee:20181221001653j:plain


価格的は少々高めだけれど、常にホールに店員さんがいる状況や提供スピード、立地も含めて納得できるラーメンだと思う。

野方ホープのオリジナルメニューもあるみたいなので、そちらも食べてみたい。

 

創竜伝 文庫 1?13巻 完結セット (講談社文庫)

創竜伝 文庫 1?13巻 完結セット (講談社文庫)