ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



三千世堺で鳥刺し(浅草)

先日お会いした方に浅草でおすすめいただいたお店。大好きな「竹松鶏肉店」のすぐ近くだってのに、全然存在に気づいていなかった。地元ではかなり評判の店らしい。場所が千束商店街にあり、観光客が行くような場所ではないのがいいのだろうと思う。

f:id:cattee:20181203232348j:plain

19時頃に入店するとご家族連れが一組だけ。店主さんに「1人なんですがだいじょうぶですか?」と尋ねると、黙ってうなずいてくれる。寡黙そうな店主さんである。指定されなかったのでとりあえずカウンターの一番奥に座る。

f:id:cattee:20181203232419j:plain


とりあえずチューハイをいただきメニューを眺める。

f:id:cattee:20181203232431j:plain

f:id:cattee:20181203232440j:plain

f:id:cattee:20181203232448j:plain


店主さんの印象とは少し違って、メニューはしっかりとオススメが記載されていたりと分かりやすい。やはり鳥刺しが名物なのだろうということで、二品盛りでレバーとささみをいただく。

f:id:cattee:20181203232503j:plain


意外といっては失礼だが、きらきらとした鮮度のいい刺しがやってきた。しかもかなりの量である。4種類全部頼もうか迷ったんだけど、結果的に頼まなくてよかった。これでこの価格はお安い。レバーは臭みもなく、にんにくを少しのせてごま油で食べるとべらぼうにうまい。

f:id:cattee:20181203232518j:plain

ささみはわさび醤油でいただく。さっぱりとしていて、無限にチューハイが飲めそう。

f:id:cattee:20181203232526j:plain


食べても食べても減らない刺しを暫しおいておいて、串の6本盛りがあったので注文。店主さんは黙々と焼いて、2本ずつ出してくれる。特に部位の説明等はなかったのだけれど、順にもも、ハツ、砂肝、軟骨、皮、ぼんじりだったと思う。全体的に焼きは強めで、香ばしさと噛み締める肉のおいしさがある。

f:id:cattee:20181203232538j:plain

f:id:cattee:20181203232546j:plain

f:id:cattee:20181203232556j:plain


途中から「名物」とあった梅ハイを注文。

f:id:cattee:20181203232612j:plain

メニューには「ナカ」もあって、梅ハイの中とはなんだろうと思っていると、でっかくて真っ赤な梅が入ったチューハイがやってきた。これを少し崩して飲むと甘酸っぱい味が楽しめる。なるほど、これは一杯じゃ全然足りない。3杯くらい楽しめそうだ。

ということでもう一つつまみに「絶品」と書かれた「胸肉ワサビマヨ」を注文する。

f:id:cattee:20181203232624j:plain

これがもう見事なお酒のあてで、レア目に焼かれた胸肉に茎わさび入りのマヨネーズで食べるという間違いないやつ。これだけで梅ハイ3杯飲めました。

f:id:cattee:20181203232358j:plain


一時間程度の短時間勝負だったが、味も価格も大満足のお店だった。お会計のときにようやく店主さんの声が聞けた。ちゃんと距離感をもって楽しむお店なんだろうと思うから、うん、ちゃんとするよ。いい歳だからね。