ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



善甚で生サバなど福井名物(福井県・福井駅周辺)

なぜだか今日の泊まりは福井駅周辺。せっかく福井まできたのだから地の物が食べたい。が、見渡せばソースかつ丼もおろし蕎麦も越前ガニもまるっと食べられるお店が目に入る。そういうのではなくて、うーんなんて唸りながらこちらのお店へやってきた。

f:id:cattee:20180506231028j:plain


2階席もあるようだけれど1階はカウンターのみ。とりあえずビールを頼むとお通しの鰤アラ煮が出てきた。

f:id:cattee:20180506231036j:plain


大将から「今日はホワイトボードにあるメニューがおすすめ」と言われたので見ていると岩ガキが赤丸にされている。

f:id:cattee:20180506231048j:plain

岩ガキもあるんですねーと聞く、「あ、見つかっちゃった?見つけちゃったんなら食べといたほうがいいよ」とお茶目に返される。ということで岩ガキとワカサギ南蛮を注文。

f:id:cattee:20180506231102j:plain


もうこうなったら日本酒を飲むしかないなとワカサギをつまみにビールをぐいっと飲み干す。ふと横を見るとおいしそうなソラマメがテーブルのうえにあったので、焼きでお願いした。

f:id:cattee:20180506231109j:plain


ソラマメをつまみながら大将に福井といえばお酒は何が有名ですかと尋ねると、「有名なのはダメだよ。東京でも飲めるでしょ?ここでしか飲めないものを飲まないと」とおすすめしていただいた早瀬浦のおりにごりをいただく。

f:id:cattee:20180506231128j:plain

限定だそうだ。そして嬉しいことになみなみと注いでくれるのだ。コップから溢れて下にある酒受けをさらにこぼしてお盆まで。嬉しいけどどういうシステムなんだそれは。

f:id:cattee:20180506231118j:plain


日本酒に合わせて岩ガキがやってきた。レモンをたっぷりしぼっていただく。磯の香りが心地よい。お酒をぐっといただく。こりゃあおいしい。この時点で福井の夜は完全勝利である。

f:id:cattee:20180506231146j:plain


日本酒を飲んで言いるとなんだかホタルイカが食べたくなってきたのでいただく。

f:id:cattee:20180506231206j:plain

f:id:cattee:20180506215453j:plain

別のお客さんが「ホタルイカの沖漬けないの?」と大将に尋ねたら「沖漬けだったら富山で食べてよー」といっていたから、そりゃあそうだと思った。

お酒があっという間になくなったので追加で常山酒造の霞というお酒をいただく。これもまたたっぷり注いでくれる。香りのある美味しいお酒だ。

f:id:cattee:20180506231223j:plain


お造りのおすすめも聞いてみたところ「それはやっぱり生サバかな」とのことでそちらも注文。生サバは本当にひさしぶりに食べたけれど肉厚でしっかり甘みのあるおいしいサバだった。

f:id:cattee:20180506231231j:plain


途中からアルバイトか見習いらしき若い男の子がやってきて大将と仲良く話していた。おじいちゃんと孫のようで微笑ましい。アットホームですばらしいお店だった。この店に来るために福井にきてもいいな。