ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



鶏けんで焼鳥(福島県・福島駅周辺)

福島駅についた。ただまあこの辺りは観光客にとっては何もない街だそうで、ホテルにチェックインしたらすることがなくなった。だがそれでいい。見るものが何もなくても食べるものはあるだろう。

福島県には伊達鶏という銘柄鶏がいる。東京でも知られている鶏で有名店でも使われている。駅前、特に東口のほうではチェーン店ではない焼鳥店がいくつか見られたから、福島市民は焼鳥に親しんでいるのだろうと勝手な予測をたてて焼鳥屋に入ってみた。

f:id:cattee:20180411235244j:plain


外観からはとてもお店に見えなかったのだが入ってみるとハイセンスな店内。カウンターのみでこじんまりしているが、それがまた良い雰囲気をだしている。

f:id:cattee:20180411235312j:plain

 

とりあえずビールを頼みつつメニューを見る。

f:id:cattee:20180411234047j:plain

串はおまかせがおすすめとのことでストップするまで出し続けてくれるらしい。それから馬刺しの盛り合わせもこちらの希望で見繕ってくれるらしい。

 

f:id:cattee:20180411235326j:plain

お通しの山芋をいただいているとまずは馬刺しがやってきた。

f:id:cattee:20180411235403j:plain

ロース、レバー、ふたえごの3種類が盛られている。この3層になっている肉はふたえごっていうんですね。まずは赤身から。ぐにっとした食感でこれぞ馬肉という感じ。辛味噌で食べてもいける。

f:id:cattee:20180411234112j:plain

馬のレバーははじめて食べたのだけれどコリっとしていて想像していたものと全然ちがった。歯応えがすごい。

そしてふたえご。これがおいしい。脂ではあるが甘みがあって濃厚。これまであまり経験していなかった味で勉強になる。

f:id:cattee:20180411234102j:plain


馬刺しをいただいていると串もやってきた。まずはささみから。焼きは少々強めな印象だが、中はしっかりとレアでおいしい。

f:id:cattee:20180411235434j:plain


続いてリクエストした肝。かなり大ぶりなレバーでレアな焼き加減にもかかわらず歯応えがある。一本でかなり満足感がある。個人的にこれが一番のお気に入りだった。

f:id:cattee:20180411235447j:plain


このあたりから日本酒にチェンジ。この日いただいたのは廣戸川の純米吟醸と天明の純米吟醸。どちらも香りが強くて旨味があるタイプでおいしかった。さすが福島のお酒。

f:id:cattee:20180411235455j:plain


串は砂肝とさえずりをいただいた。やはり全体的に焼きは強い。これがこちらのお店の特徴なのかもしれない。少し東京の焼鳥店との違いを感じた。

f:id:cattee:20180411235504j:plain

f:id:cattee:20180411235511j:plain

f:id:cattee:20180411235520j:plain


それから書いておきたいのは野菜の串がべらぼう美味いということ。時価と書かれていたアスパラと小玉ねぎをいただいたのだが、どちらもじっくり焼かれ熱々で食べると最高においしかった。

f:id:cattee:20180411235531j:plain

f:id:cattee:20180411235545j:plain

もともとの野菜のポテンシャルは当然高いのだろうけれどそれにしたっておいしい。普段は野菜をあまり食べないのだが、今回はうまいうまいと食べてしまった。

さすが福島県の人気焼鳥店だ。伊達鶏と野菜、それから日本酒を堪能させていただいた。かなり人気店でひっきりなしにお客さんが入ってきていて、店員さんがそのたびに申し訳なさそうに満席を伝えていた。帰り際は外までお見送りしてくれるなど、接客もすばらしいと思う。福島にくるときはまた訪れたい店だ。