ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



吉原もんでお蕎麦とお酒(三ノ輪・浅草)

墨田川からスポーツセンターを抜けて、今戸、東浅草をてくてく歩く。裏浅草のほうは散歩のしがいがあるのだ。何があるのだと問われても特にこれといった浮かばないが、歩いてみればきっと楽しいと思うよ、僕は。さらに三ノ輪方面に向かった吉原大門の近くにあるのがこちらのお店。

f:id:cattee:20170709235037j:plain

f:id:cattee:20170709235201j:plain

蕎麦屋ではあるのだけれど、刺身も天ぷらもあって、酒がすすむ肴も山ほどある。18時の開店より少し前についてしまったのだけれど、快く入れてくれた。とりあえずビールと魚介の南蛮漬けを注文。

f:id:cattee:20170709235051j:plain

夏野菜の天ぷらはなす、ミニトマト、ゴーヤなど。つゆと塩でいただく。衣は薄めでさっくり。ひさしぶりに揚げたての天ぷらを食べたらべらぼううまかったので、今後も積極的に天ぷらには手を出していきたい。

f:id:cattee:20170709235100j:plain

鴨みそねぎ。白髪ねぎに鴨みそをつけていただく料理なのだが、みそが別皿で出てくるからそれをちびちび舐めているだけで無限にお酒が飲める仕様になっている。おそろしい。鴨みそきゅうりもあるが、ねぎのほうが無限感は強い。無限感ってなんだ。

f:id:cattee:20170709235111j:plain

玉子焼きは980円とお高めだが、巨大かつふわふわで大変おいしいマストバイ的なメニューである。どんどんお酒がなくなるから懐事情的にはどんどん不安になっていくのだけれど、脳内的にはどんどん愉快になってくるので危険だ。

f:id:cattee:20170709235131j:plain

ということで最後はお蕎麦をいただく。コシのある麺と濃いめのつゆがおいしい。蕎麦茶がたまらない。たまらんよね。

f:id:cattee:20170709235147j:plain

最後に日本酒を流しこんでいい気持ちで店を出る。そしてまたふらふら歩いて街を彷徨うのである。歩け歩け。余韻を楽しめ。

 

吉原炎上

吉原炎上