ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



鳥めし 鳥藤分店で親子丼(築地)

親子丼についての理解を深めようと思い、最近は意識して親子丼を食べるようにしているのだけど、自分でもなんでそんなことをしているのかさっぱりわからないから、なかなか自分というものは難しい。そんな自分を受け入れて生きていくしかないのか。

有名どころの親子丼を食べたくてここにやってきた。築地は今日も外国人が多い。観光客をすりぬけ、路地に入るとすぐに店が見える。時間をずらしたおかげか並びはなかった。

f:id:cattee:20170611000618j:plain

f:id:cattee:20170611000641j:plain


メニューを見ると究極の親子丼というものがある。しかしながら、今回は勉強という意味もあったため、通常の親子丼(800円)を注文。それに興味があたので、とり竜田揚げ(600円)を単品で。

f:id:cattee:20170611000634j:plain


カウンターに座ったおかげで目の前で調理が見られる。いくつもの鍋を器用に動かしながら同時並行で親子丼を作る作業はおもしろい。

夢中で見ている間に親子丼が到着。

f:id:cattee:20170611000651j:plain


味の濃そうな色のダシにほぼ半分くらい生の玉子がかかっている。鶏肉はカットサイズが大きめ。一口食べると、予想通りかなり味が濃い。こりゃあご飯がススム。量はそれほど多くないのであっという間に食べてしまいそうだ。

f:id:cattee:20170611000753j:plain

f:id:cattee:20170611000659j:plain


竜田揚げもきた。こちらは見るからにガリガリ系の竜田揚げ。しかも超巨大。こんなの食べきれないよと急に不安になる。肉も割とパサパサで、親子丼に比べると味気ない。

f:id:cattee:20170611000708j:plain


親子丼の時点ではさらっと食べきれそうだと思っていたら、満腹でひーひー言いながら完食。鶏スープでほっと一息。

親子丼だけならば味の濃さもあってするりと食べられそう。半熟の玉子が味をマイルドにしてくれているのかもしれない。親子丼についての知識を深めることができた。親子丼マスターへの道はまだまだはじまったばかりだ。

 

江崎グリコ DONBURI亭 3食パック親子丼 180g×3個

江崎グリコ DONBURI亭 3食パック親子丼 180g×3個