ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



たこ焼き道楽 わなか 道頓堀店でたこ焼き(大阪府・なんば)

さてお好み焼きを食べたら次はたこ焼きだろう、というくらいに僕は典型的な観光客になりきれる大阪人である。とりあえず大阪に来たら粉モノ食べておけばいい。

f:id:cattee:20181028224409j:plain


そしてミナミでたこ焼きといえば「わなか」である。中学、高校生くらいのときはアメリカ村で古着をあさり、休憩がてら三角公園で甲賀流を食べていたのだが、いつの間にかミナミのたこ焼きは「わなか」に牛耳られているらしい。しかもここ道頓堀店は観光地ど真ん中である。たくさんのアジア人に混ざって行列に並ぶ。

注文したのはもちろん「ソースマヨネーズ」。8個入りで500円である。高い!大阪で昭和を過ごした人間からするとありえない価格だが、もはや時代が違うし、観光地価格ということもあるのだろう。しかし東京でたこ焼きが高い高いと思っていたが、あんまり変わらないものなんだな。

ちなみにイートインがあってテーブルで食べることができる。ちゃんと冷水器もある。良心的だ。

f:id:cattee:20181028224437j:plain


さて「わなか」初体験である。高校生の頃の甲賀流からとまっている僕の時間が再び動き出すときだ。そんな大袈裟な想いをもってたこ焼きをいただく。

f:id:cattee:20181028224425j:plain


うーむ、なるほど。出汁感がかなり強い。ソースがかかっていても感じる。表面は想像よりもずっと硬くて、もう少しふんわりしているのかと思ったが、「カリッ」といってしまってもいい。そして当たり前のように中はトロトロだ。うん、おいしい。

f:id:cattee:20181028224427j:plain


全体的にちゃんとしているたこ焼きという印象で、確かにおいしいし、それ以外いいようがない。これだけの人気は万人受けするスタンダードたこ焼きの地位を築いたということかしら。もしかしたら一発目に食べるたこ焼きじゃなかったかもしれない。あらためて食べてレベルの高さを感じるという楽しみ方のほうがよかったかも。

他のお店のたこ焼きを食べて、またここに帰ってくることにしようと決めた。大阪一日目の夜。