ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



正麺で担々麺(小川町・神田)

小川町に8月20日オープンの担々麺屋さんに行ってみた。あんまり前情報がなかったのだけれど、お店の雰囲気は資本系なのかなという印象。店員さんはおそらく全員が中国の方のよう。

f:id:cattee:20180825190050j:plain

f:id:cattee:20180825190100j:plain


お昼時だったがお客さんは2,3名のみ。まだオープンしたばかりで知られていないのかしら。席数は多いので少々寂しい。BGMもかかっているのかどうか分からないほどの音量で(もしかしたら違うお店の音楽が漏れ聞こえてきただけかもしれない)ちょっと居心地の悪さを感じる。

f:id:cattee:20180825190108j:plain

f:id:cattee:20180825190119j:plain


食券制ではないのでカウンターに座ってメニューを見ていると、横に店員さんが張り付いて注文を待っている。そんな焦らさないでよと思いつつ、「チャーシュー担々麺」(1,000円)を注文。基本の担々麺は800円なので、少し高め。同じ並びにある人気店「つじ田」と比べれば、同水準だがどうか。

f:id:cattee:20180825190127j:plain


注文して割とすぐに担々麺がやってきた。なるほど。「はしご」系か。見た目そっくり。こうなるとおそらく資本系の有名店インスパイア店なんだろうなと思う。

f:id:cattee:20180825190156j:plain


味も比較的似ていて、ちゃんと研究したんだなあと思う。ゴマ風味は薄目で、醤油ベースのさらっとしたスープ。酸味も再現されている。

f:id:cattee:20180825190206j:plain


担々麺には珍しい細ストレート麺もちゃんとしている。ちょっと柔らかめで弾力がないような気もするが、それでもおいしい。

f:id:cattee:20180825190213j:plain


チャーシューは肉厚で柔らかい。味はわりと淡白だけど、スープに浸せばおいしく食べられる。チャーシュー麺にしちゃったせいで、麺のほうが先になくなっちゃうくらいチャーシュー入っていた。

f:id:cattee:20180825190219j:plain


おそらく工業化されたスープなのだろうけど、それでもレベルはそれなりに高いものができるというのが嬉しいような、悲しいようなという感じではある。こちらのお店が今後人気店になるのか気になるところだ。

 

日清食品 日清ラ王 芳醇コク担々麺 131g×12個

日清食品 日清ラ王 芳醇コク担々麺 131g×12個