ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



肉料理それがしで肉とお酒(五反田)

日本酒がメインの「酒場それがし」は5年ほど前から何度か利用していたのだが、いつの間にやら「それがし」が増殖していたことを知る。「肉料理それがし」と「鳥料理それがし」。どちらかにお邪魔したいなと電話をしてみたら、こちらが空いているということだったので予約をお願いした。

予約の際に店舗の場所が分かりづらいということをかなり念押しされた。隣にジンギスカン屋さんがあって、そちらのほうが目立っているらしい。それならばもっと分かりやすくアピールすればいいんじゃないかとも思ったが、そうはいかない戦略があるのだろうか。

f:id:cattee:20180628223143j:plain


実際に訪れてみると確かに分かりづらい。こちらのお店とジンギスカン屋さんが階段をのぼった左右にあるのだが、こちらのお店のほうは階段の入口に控えめなサインが出ているだけで扉には何も案内がない。隠れ家感を演出しているということかもしれない。

さてカウンターに座ってまずはビールをいただく。肉料理は時間がかかるので最初に注文したほうがいいとのこと。ということでいっきに注文。

f:id:cattee:20180628223204j:plain


とりあえず肴に「漬けチーズ」。わさびが添えてあるのがなかなか珍しい。

f:id:cattee:20180628223212j:plain


おすすめという「ローストビーフ」は薄く切られた肉がきれいに並んでいる。

f:id:cattee:20180628223221j:plain

当然歯ごたえがあるタイプではなくて、柔らかく食べられる。ワインよりもお酒に合いそうなのは、酒場それがしが元だからかもしれない。

f:id:cattee:20180628223229j:plain



サラダ代わりに「季節の温野菜」を注文。味噌ドレッシングがかけられていて濃厚である。うえにのっている黒いものはわかめかと思ったら海苔だった。味噌と海苔だけでも酒の肴になりそう。

f:id:cattee:20180628223553j:plain

 

すでに日本酒を飲みたくなっていたがこの日は調子が悪かったのと、変わったお酒もあったのでメニューの右から順に頼むことにした。ということで二杯目はリッチレモンサワー。

f:id:cattee:20180628223401j:plain


さてメインの肉がやってきた。まずはハラミである。

f:id:cattee:20180628223425j:plain

味付けはバルサ味噌と塩ダレだそうだ。これが柔らかくておいしい。レアな焼き加減で肉々しさは残しつつ、さっぱり食べられる。あっという間にレモンサワーがなくなった。

f:id:cattee:20180628223512j:plain


三杯目は英雄トニック。厨房で作っているところを見えた。おそらく酒場それがしにもあった英雄という濁り酒をトニックウォーターで割ったものだろう。すっきりした甘さがある。

f:id:cattee:20180628223537j:plain


メイン二つ目は内モモにした。脂身が少ない肉をリクエストしたところこちらをおすすめされたからである。しっかり山椒がかかっていてピリっと辛い。ハラミに比べると歯ごたえがあって、より肉感がある。

f:id:cattee:20180628223604j:plain


そのままの勢いで四杯目の酒ボールを注文。こちらも酒場それがしにあったオリジナルの日本酒を炭酸割りしたものだと思う。基本的には日本酒ベースになっているんだな。

f:id:cattee:20180628223616j:plain


さてさて最後にデザートでかき氷を注文してしまった。これは完全にノリであったが、うえにのっていた桃がおいしかった。練乳とあんこまで追加して、贅沢このうえない。

f:id:cattee:20180628223706j:plain

f:id:cattee:20180628223720j:plain


コース料理だと前菜が盛り合わせになっていたり、お得だったかもしれないがアラカルトで好きな肉だけ頼むのもよい。ハンバーグも食べてみたかったのでそれはまた次回に。

 

訳ありローストビーフ切落し1?(200g×5パック)

訳ありローストビーフ切落し1?(200g×5パック)