ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



亀戸煮干中華蕎麦つきひで特製濃厚蕎麦(亀戸)

完全に好みの話だが煮干しが好きだ。そして濃厚な煮干しスープが好きだ。えぐみも含めて愛している。なんて書くと大げさだけれど、一年でもっとも食べる料理がラーメンである僕からすると、その中でも特に好きな煮干系ラーメンは好きの最上級で表現してしまってもいいかもしれない。

開店したばかりではあるがすでに人気店になりつつあるということで前々から行きたかったお店。並びがすごいということもあってタイミングをうかがっていたのだが、思い切って開店直後に訪れてみた。

 

f:id:cattee:20180304220950j:plain


亀戸横丁というなんだか雰囲気ののある建物の真ん前に看板が出ており、「営業中」という手書きの貼り紙。

f:id:cattee:20180304220930j:plain

 

入口をあけると薄暗い通りがあらわれ、左右に飲み屋が並んでいる。

f:id:cattee:20180304221016j:plain

それらは当然閉まっているのだが奥の方だけ灯りがついていて、アジアンカンフージェネレーションの『フラッシュバック』がうっすらと聞こえてくる。

f:id:cattee:20180304221052j:plain


どれだけ並んでいるのかと思ったが券売機の前にひとり。ちょうど一回転目がはいったところだったようで、そのまま二回転目の先頭で並ぶことができた。

f:id:cattee:20180304221102j:plain


15分ばかりループ&ループされるアジカンを聞いて奥の席があいた。特製濃厚蕎麦(1,000円)の食券をだす。

f:id:cattee:20180304220858j:plain


やってきたラーメンは噂に違わぬ濃厚さ。見た目からも分かる。

f:id:cattee:20180304221130j:plain

粘度の高いスープをレンゲですくって一口食べると、煮干しの香りとともに旨味が口に広がる。えぐみももちろん感じるが、爽快感のある苦さだ。

f:id:cattee:20180304220903j:plain


麺はちょっと硬めでパツパツ切れる。このあたりは賛否分かれるところではあるとが思うがこれも好みだったりする。濃厚スープであればこれぐらいばりっとしていくれたほうがありがたい。

f:id:cattee:20180304220907j:plain


チャーシューは最近もうデフォルトと化した鶏と豚の2種。どちらも柔らかい。特に鶏のほうが歯切れがよくおいしかった。

f:id:cattee:20180304220910j:plain

f:id:cattee:20180304220916j:plain


半熟玉子もきっちりしている。全体的に丁寧な仕事がうかがえる。

f:id:cattee:20180304220923j:plain


麺が残り少なくなったところで和え玉を注文。この和え玉がめちゃくちゃうまいという評判だけは聞いていたので期待に胸を膨らませていたのだが、ナニブン小食な人間なものでもうかなりお腹いっぱい。

f:id:cattee:20180304221224j:plain


確かにおいしい。油そばのような濃厚さでまた違った味が楽しめるし、もはやこれがひとつの商品であってもよいぐらいの完成度である。

f:id:cattee:20180304220927j:plain

ただお腹のキャパシティが足りない。麺が一人前量しっかりあるので、なんとか3分の2を食べたあたりでギブアップ。おいしかったので申し訳ない気持ちがありつつ、これ以上はダメでした。

濃厚煮干し自体は最高だったのでできればラーメンと和えそばを半人前ずつでお願いできないだろうか。もしくは2人前食べられる胃袋に拡張する薬の開発をお願いできないだろうか。どうぞよろしくお願いいたします。

 

濃厚煮干しラーメン3パック(6人前) 竹鼻製麺所

濃厚煮干しラーメン3パック(6人前) 竹鼻製麺所