ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



自家製熟成麺 吉岡で濃厚鳥豚ラーメン(田端)

田端である。なんだか懐かしい。少し前までは毎日ここにいたのに。そんな田端に本格ラーメン店がオープンしたらしいと聞いた。田端は山手線の中ではラーメン不毛の地で、お隣の西日暮里は名店が多いし、駒込もそうだ。鶯谷だっていろいろあるし、巣鴨にいたってはミシュラン店まである。それなのに田端にはほとんどラーメン専門店がなかった。ラーメン好きとしてはなかなか難儀なことであった。

それなのに田端から離れたらすぐにこんな店ができたなんて。しかも曜日ごとにスープがかわるという店らしく、リピートしがいのある店ができたなんて。

f:id:cattee:20180103151056j:plain


悔しいから山手線にのって田端にやってきた。見慣れた道を通って、何度も通った居酒屋を横目にラーメン屋に到着。お昼前ということで、すんなり入ることができた。本日は濃厚鳥豚スープの日とのこと。

f:id:cattee:20180103151117j:plain

f:id:cattee:20180103151127j:plain

 

ラーメン(800円)の食券を購入し、テーブルにおくと、店員さんが麺の説明をしてくれる。とりあえず今回は熟成麺をオーダー。

f:id:cattee:20180103151136j:plain

f:id:cattee:20180103151143j:plain


やってきたラーメンは見るからに濃厚な色をしている。

f:id:cattee:20180103151216j:plain

 

大き目のチャーシューに海苔、ナルトにメンマと通常のラーメンだが十分な具材感がある。さっそく熟成麺をいただくと、粘りのある弾力と麺の香りがしっかりしている。濃厚スープにはもっちり麺のほうがいいかもしれないが、これはこれで独特でよい。

f:id:cattee:20171224221118j:plain


スープはさすがの動物系。

f:id:cattee:20171224221121j:plain

 

この濃厚さは苦手な人もいるかもしれない。チャーシューは柔らかくて食べやすい仕立てになっているが、スープと合わさるとやや臭みを感じる。

f:id:cattee:20171224221124j:plain

 

魚介がまったく入っていないであろうゴリゴリのスープがいさぎよい。これは濃厚魚介も食べてみたい。

帰り際、テーブル席に座っていた親子3人に店主さんがカウンターから出て、子どもさんのお相手をされていた。そんなラーメン屋さんはじめて見た。もちろんオーダーがひと段落していたときで、店主さんの接客に対する姿勢が感じられる。良いお店だなと思う。でも、なんで僕がいたときにオープンしてくれなかったの。

 

日清食品 日清のどん兵衛 ラー油香る 鴨だしねぎ太そば 99g×12個

日清食品 日清のどん兵衛 ラー油香る 鴨だしねぎ太そば 99g×12個