ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



本家 第一旭でラーメン(新宿御苑)

京都の超有名店「本家 第一旭」がついに東京進出ということで昨年末オープン。開店当初から大人気で長蛇の列ができていると聞いていた。そろそろ落ち着いた頃かなとふらっと立ち寄ってみると、待ち客なしで入ることができた。

f:id:cattee:20190314225759j:plain


「ラーメン」(780円)の食券を購入してカウンターに座る。

f:id:cattee:20190314225752j:plain

 

女性店員さんから「テーブルに貼ってあるシールが体の中央にくるように座って」という、なかなかすぐには理解できない指示が。テーブルを見るとステッカーが貼ってある。なるほど。あまり左右にずれないようにということか。

f:id:cattee:20190314225753j:plain


しばらくしてラーメンが到着。

f:id:cattee:20190314225754j:plain

f:id:cattee:20190314225755j:plain

ビジュアルは小さい頃に食べていたラーメンのようだ。実家が京都に程近い場所にあるので、知らず知らずのうちに京都風のラーメンを見慣れていたのかもしれない。

間違いなくポイントである九条ネギは増しにしている方が多かったが、個人的にはこのくらいの量でちょうどいい。

スープにはしっかりと油が浮いていて。口につけるとやけどしそうなほどに熱い。味は醤油がかなり強く、しょっぱさの中に少し甘さがあるといったところだろうか。ベースは豚骨らしい。

f:id:cattee:20190314225756j:plain


そもそも京都の味を知らないのでこれが同じものなのかどうか分からない。とはいえ、癖になる味というのは伝わるから、京都でいまだに行列ができているというのも納得できる。

麺は中細ストレート。歯切れがよく、さっくり食べられるタイプ。味が濃いのでするり喉を通るような仕立てになっているのかしら。

f:id:cattee:20190314225757j:plain


チャーシューは増しにしたわけでもないが、たっぷりである。豚バラなので脂もしっかりのっている。スープと合わせると若干のしつこさはあるが、この少々ジャンクな味わいこそが人気の理由なのだろう。

f:id:cattee:20190314225758j:plain


思い出しては食べに行きたくなるタイプのラーメンである。東京に住んでいるファンにとっては待ちに待ったラーメンなんだなと思う。

 

ニュータッチ 凄麺京都 背脂醤油味 124g×12個

ニュータッチ 凄麺京都 背脂醤油味 124g×12個