ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



むぎとオリーブで鶏と蛤の濃厚つけ麺(新日本橋・三越前)

いままで何度か訪れているむぎとオリーブさん。こちらの日本橋店ははじめてである。万世橋の店舗は閉店してしまったので現在3店舗だそうだ。もっとたくさんあるイメージだったが、かなり特殊なラーメン店だと思うので出店エリアはしぼったほうがいいだろうし、銀座や日本橋がちょうどいいという印象。

f:id:cattee:20181014164215j:plain


注文はいままで食べていなかったつけ麺でいこうと「鶏と蛤の濃厚つけ麺」(980円)にした。

f:id:cattee:20181014164223j:plain

相変わらずだが見た目が美しい。地方の方が東京でこのラーメンを食べたときに、見た目にまず驚くというのは納得である。こんなの出てきたら僕だって東京ってオシャレなんやなあと思う。

f:id:cattee:20181014164229j:plain

f:id:cattee:20181014164235j:plain


麺は棣鄂の中太麺。もっちりとしていて少し柔らかめ。つけスープがどろどろしているタイプではないので、あまり硬くしていないのだろう。濃厚となっているが、ダシの旨味をがんがんに入れ込んだ感じで、どちらかというと味が濃いつけ麺という印象。

f:id:cattee:20181014164243j:plain


具材が多くてなかなか難しいのである程度まとめてスープにつけてしまう。これやるとスープが冷めてしまうんだけれど仕方ない。殻付きの蛤をいただき、チャーシューに手を付ける。低温調理チャーシューと鶏ハムの2種類。どちらもしっとりしていて食べやすい。

f:id:cattee:20181014164250j:plain

f:id:cattee:20181014164256j:plain

f:id:cattee:20181014164304j:plain


とはいえ半分食べたあたりでスープがすっかり冷めてしまった。粘度の高くないスープなので仕方ないと思うが、こうなるとこのあとが消化試合になってしまうので難しいところ。スープ自体はダシがしっかりしているので、冷めていても味は濃厚なのだが、肝心の風味が感じにくくなるのが残念ではある。

レモンを途中で投入するなどして完食。最後に割りスープをいただき、温かいスープを堪能する。しかし、やはりむぎとオリーブは蛤SOBAがおいしいなと思う。これで一通りのメニューは食べられたので、次回からはまた中華そばをいただこうと思う。

 

オリジナルあい 極旨らーめんセットC 1箱

オリジナルあい 極旨らーめんセットC 1箱