ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



二代目つじ田 味噌の章でバリ味噌らーめん(神田・淡路町・小川町)

なぜか今まで書いていなかった「つじ田」最後の砦こと味噌の章である。それにしてもいまだに本店だけでなく、こちらにも行列ができているのはすごいことだと思う。このあたりの地域のつじ田熱はいまだ冷めないのだ。

f:id:cattee:20180705000857j:plain

f:id:cattee:20180705000932j:plain

f:id:cattee:20180705000938j:plain


いままで何度か来ているが、今回は初めて濃厚な「バリ味噌らーめん味玉入り」(950円)を注文した。盛りだくさんなビジュアルが食欲をそそる。

f:id:cattee:20180705000907j:plain

昔はいわゆる純すみ系に近かったような印象だが、マイナーチェンジをしているのかもしれない。ちなみにバリ味噌はデフォルトで麺量が多いので注意が必要。僕はあとで後悔した。

f:id:cattee:20180705000917j:plain


スープは白味噌がベースで粘度もある。バリというだけあって濃厚で、しかし甘みのある仕立てになっている。

f:id:cattee:20180705000853j:plain


麺は黄色味がかった平打ち麺。硬さを残しつつ粘りもあり、スープとよく合う。

f:id:cattee:20180705000850j:plain

このあたりのレベルの高さがつじ田の強みなのだろうと思う。どんなジャンルのラーメンもおいしいものに仕上げつつ、オリジナリティも出している。なんかえらそうな書き方になった。すいません。

f:id:cattee:20180705001009j:plain


チャーシューも味噌に負けない濃厚な味付けになっているし、メンマもしょっぱいくらい。どの具材もしっかり主張している。卓上にはにんにくと一味があって味変もできる。味噌なので少々単調になりがちだから、自分で味を調整できるのはありがたい。

f:id:cattee:20180705000851j:plain


スープが麺に絡みまくりでどんどんなくなっていくのがまたすごい。麺量も多かったので最後はひいひい言いながら食べきった。火照った身体とカロリーというちょっとした罪悪感を抱えて帰るとしよう。