ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ドナテロウズでクリームチョコクレープ(新宿)

この日は新宿をさまよい歩くという仕事があり、そもそも新宿があまり得意ではないものだから、すっかり疲れてしまって甘いものに癒しを求めて高島屋に入店。レストランフロアにあがり、なにかスイーツをとあたりを見回すとクレープを食べている女性たち。口の中がいっきにクレープになってしまった。

f:id:cattee:20180624173443j:plain


お店のメインはどうやらアイスクリームのようで、クレープのメニューは意外と少ない。半分くらいはバナナが入っているメニューで、それを避けるとトッピングがややこしい。なんだか考えるのも面倒で一番シンプルな「クリームチョコ」(400円)を注文した。

f:id:cattee:20180624173458j:plain

f:id:cattee:20180624173510j:plain


数席だけあるイートインで待っているとトレイにのったクレープが運ばれてきた。なんとなく既視感。最近クレープ食べすぎなのかな。

f:id:cattee:20180624173520j:plain


見た目は細目のクレープだが持ってみると重量感がある。上からのぞくと中にクリームがたっぷり入っているのが見える。

f:id:cattee:20180624173535j:plain


まずは一口。生地はもちもち系だ。そして少し甘め。スイーツ系クレープの王道な感じの食感である。

f:id:cattee:20180624173543j:plain


二口目にはクリームにたどりつき、はみださんばかりに溢れてくる。三口目にはチョコが出てきて、いっきに口の中が甘くなる。食べるごとに糖分が全身に広がり、さっきまでの疲れを癒してくれる。ありがとう、クレープ。

チョコの甘さに喉が渇いたなと思ったら店員さんがお水を持ってきてくれた。ここの店員さんは人の心が読めるか、もしくは僕がサトラレか。

ものの3分で食べ終わって一息つく。心地よい甘さでした。新宿に疲れたらここに逃げ込むことにしよう。

 

アイリスオーヤマ クレープメーカー ホワイト PCM-800-W

アイリスオーヤマ クレープメーカー ホワイト PCM-800-W