ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



江戸牛でひとり焼肉(神田)

なんとなくちょっとだけお肉が食べたいなと思いながらふらふら歩いていたら、こちらのお店が目に入ったのはいってみた。

f:id:cattee:20180616003130j:plain


カウンターに通されると卓上にはひとり一つの専用コンロがある。

f:id:cattee:20180616003140j:plain

貼ってあるメニュー表を見ると肉は一枚から注文できるスタイル。なるほど。ここは最近増えているひとり焼肉ができるお店か。

f:id:cattee:20180616003153j:plain


ビールでお腹を膨らませるのは嫌だったので、ドリンクメニューで推されていたレモンサワーを注文。すると、寿司屋のようなネタケースの向こうから店主さんらしき方が、

f:id:cattee:20180616003205j:plain


「お肉をてきとうに盛り合わせましょうか?」

という提案が。考えるのもめんどうだったので、ひとまずそれをお願いする。あとは白菜キムチを注文。

f:id:cattee:20180616003217j:plain


レモンサワーとキムチでやっていると、まずは塩タンとシマチョウがやってきた。

f:id:cattee:20180616003227j:plain

思っていたよりもずっと鮮度のいい肉がやってきた。塩タンをていねいに焼き上げて食べる。これがおいしい。

f:id:cattee:20180616000326j:plain

f:id:cattee:20180616003319j:plain


自分専用コンロなので自分の好きな焼き加減に調整できるし、他の人のお肉を気にする必要もないし、もしかしてこのスタイルは最高なのでは?

シマチョウもひとつずつ焼いて食べる。レモンサワーがあっという間になくなったので、ナカを注文。中のサワーだけ入れてくれるシステムらしい。

f:id:cattee:20180616003250j:plain


自分のタイミングで焼いて、自分のタイミングで食べられるので焼いた肉はお酒のつまみとしても優秀だということを知る。

続いて赤身が5種類やってきた。ランプ、カメノコ、友三角、トウガラシ、イチボ。どれもキレイなサシが入っているし、肉質も柔らかい。予想以上にいい肉が食べられた。

f:id:cattee:20180616003310j:plain

f:id:cattee:20180616000332j:plain


おつまみにチャンジャクリームチーズを追加。

f:id:cattee:20180616003343j:plain

 

お酒はハイボールに変えてまたちびちびやっていると、店主さんから「王様ハラミ」というものをおすすめされる。じゃあそれで。一切自分で肉選んでない。

f:id:cattee:20180616003331j:plain


王様ハラミは太めのお肉が2本やってきて、それをハサミで切って食べるとのこと。1本を3等分にするとちょうどよい。ハラミ自体好きなのでこれもまたおいしい。

肉を食べきり、ハイボールを飲み干してお会計。5,000円オーバー。まあ、それくらいするよね。最初の肉盛りもいくらか確認していないし、王様ハラミはお高めだったので仕方ない。お肉は思っていたよりもずっとおいしかったので金額としては妥当だと思う。

当たり前だけど、ひとり焼肉なんて単価あげないと成立しないだろうから、コスパがいいというわけではないのだろう。そもそも食べ方を間違えた。お酒1, 2杯のちょい飲みで利用するのが賢い使い方だと思う。