ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



すする担担麺で担担麺(水道橋)

麺やすするが担々麺専門店をオープンしたと聞いてやってきた。水道橋の駅からすぐのガード下にあるのだが、場違いなほどにキレイな外観にちょっとびっくりする。

f:id:cattee:20180522002445j:plain

もともとデザインコンセプトなどははっきりしていた店舗だったが、ここまでキレイだと多店舗展開を見込んで、さらにブランディングに力を入れていくということなのかもしれない。

入口はいってすぐに券売機がある。普通の担担麺(850円)と排骨担担麺(1,150円)で迷ったがお腹の具合を考慮して通常の担担麺を注文。

f:id:cattee:20180522002531j:plain

f:id:cattee:20180522002538j:plain


アジア系の店員さんに食券を渡すと辛さを聞かれる。通常は3辛ということだったのでそれにして、痺れを控えめでお願いしますと伝えたところまったく伝わらず。5回ほど言い直すことになったが、最終的にはちゃんと注文が通っていたので一安心。

f:id:cattee:20180522002552j:plain


注文してものの3分ほどで到着。胡麻感の強そうなスープに赤いコントラストが美しい。

f:id:cattee:20180522002545j:plain

 

f:id:cattee:20180522002606j:plain


麺は細麺。どうやら三河屋製麺のようだ。少し柔らかめだが、それがスープ絡みをよくしていて食べやすい。啜りやすいのもまたいい。

f:id:cattee:20180522002600j:plain


具材は肉味噌とナッツ、青ネギなど。どれも主張が強すぎずスープを際立たせるための脇役になっているのが心憎い。

f:id:cattee:20180522002619j:plain


痺れを抑えめにしてもらったのでクリーミーな胡麻風味がしっかりと味わえる。辛さもちょうどいい程度で後を引く。麺を食べ終わったあとも何度もスープを口にはこんでしまった。

f:id:cattee:20180522002630j:plain


店内もオシャレでテーブル席も多く、ラーメン好きというよりはランチ需要をしっかり取りにいく戦略なのだろうか。ラーメン屋に比べて入りやすいからだろうか女性客もちらほら見かけた。

f:id:cattee:20180522002454j:plain


担々麺自体の味もマイルドで食べやすいし、麻婆豆腐や油淋鶏の定食などもある。これからの夏に向けて需要があがっていくスパイシーフードとしてオープン時期も戦略的ですばらしい。すするの次の展開が楽しみ。

 

サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 133g×12個

サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅 133g×12個