ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



谷やで肉釜玉うどん(水天宮前)

なんとなく釜玉うどんが食べたくなってこちらのお店にやってきた。カウンターがたまたま空いていて待たずに入れたが、店内は大盛況で店員さんたちは大忙しだ。

f:id:cattee:20180502000433j:plain


あったかい肉釜玉(850円)にほたて天トッピング(250円)を注文して厨房をじっくり眺める。店長らしき人は中盤で注文を捌きつつ、うどん担当の方からのパスを受けている。奥には揚げ物担当の方がおり、ひたすらに天ぷらを揚げている。店長らしき人はうどんが入った丼に適宜揚げ物をトッピングしてホールへつないでいく。

f:id:cattee:20180502000441j:plain

f:id:cattee:20180502000452j:plain


ホール担当は2名。パートらしき女性と外国人。うどんをお盆にのせて運んでいく。とにかくみんな大忙しでこのオペレーションを眺めているだけでおもしろい。

これが目の前でおこなわているのでパートの方がうどんのつゆをこぼしてしまうのも見えるし、忙しいから別のお盆を出して持っていき、つゆのこぼれたお盆が放置されているのも見える。店長らしき人が「なんだこれ、誰がこぼしたんだ」という顔でお盆を拭いている。席数が非常に多くて5名でもてんてこ舞いのご様子。

ということで15分ほど待ってうどんが到着。

f:id:cattee:20180502000501j:plain

醤油をかけて箸でしっかりと混ぜる。それだけで腱鞘炎になりそうなほどしっかりとした麺が重たい。つるりとした麺をすするとむっちりとした弾力がある。コシというものはいまだに定義がよくわからないのだが、なんとなく思うところのコシは感じられる。

f:id:cattee:20180430100851j:plain


甘辛いお肉が玉子の甘みと絡みあうのが釜玉のいいところだなと思う。肉といっしょにうどんを頬張ると脳がうまいと叫びがっているんだ的なアレがぐんぐんになる。

f:id:cattee:20180430100855j:plain


トッピングでつけてもらったほたて天は単純に単品で食べたほうがおいしかったから、これは夜にお酒を飲むというときに注文すべきだったと思う。

f:id:cattee:20180502000524j:plain

f:id:cattee:20180430100858j:plain


お値段はそれなりにするがここは東京。時代を身にまとったうどん屋さんだからおいしければいいのである。

 

エバラ プチッとうどんの素 釜玉風 23g×4P×3個