ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



瞠で比内地鶏の油そば(池袋)

ひさしぶりに油そばを食べた。油そばってなんだか難しいじゃない?って急にフランクに語り掛けてしまうくらい、油そばについて分かっていない。何が難しいって卓上調味料で自由に味変できるところが難しい。

もうそうなると個人の好みになってくんじゃねえのって話で、店側としてはこのくらいで食べてねっていう基準がきっとあるのだろうけれど、「へい、お待ち!」って出してくれたそれが完成品じゃなくて、こっちで好きなようにして食べてねっていうのがデフォルトなのが、もうわかんないわかんないわかんないわかんないってなる。精神的にくる感じがする。

そういうわけで油そばという修羅の道を避けてやってきた。そもそも店のイチオシメニューが油そばってのもなかなかないから、あえて食べる必要はないなと思っていた。ところがこちらのお店は油そばを押している。うむ、ここはひとつ勉強だ。と、チャレンジしてみることにした。

f:id:cattee:20180114161501j:plain

f:id:cattee:20180114161623j:plain


比内地鶏の油そば(850円)を注文。今回は油そばに詳しい後輩が横にいてくれたのでいろいろとレクチャーをうけながら食べる。

f:id:cattee:20180114161513j:plain


とりあえず油そばは混ぜることからはじまるとのこと。というわけで一通り混ぜる。そして油そばという名前からすると意外に感じるあっさりさを味わうらしい。

f:id:cattee:20180114161522j:plain


なるほど。確かに見た目やネーミングほどの油感はない。比内地鶏とあるので鶏油などが使われているのだろう。いい香り。

麺はやはり太麺。極太というほどではないが、タレを絡めるには程よい太さ。もちもちとした弾力のある力強い麺だ。

f:id:cattee:20180114150736j:plain


玉ねぎが味を爽やかにしてくれて非常によい。水菜など、食感のアクセントが出るのもいいところで、このあたりは考えられているのだなと感じる。

f:id:cattee:20180114150740j:plain


半分ほど食べたらラー油と酢を入れるのだと後輩がいうのでその通りにしてみる。基本的には味が単調な食べ物なので、酸味をプラスすることで食べやすくしているわけか。という勝手な解釈。

やあ、思っていたよりもおいしかった。これは油そばに対する認識もあらためていかなければいけない。ただ、この店の油そばが特別レベルが高かったのかもしれないから、今後も油そばには慎重に向き合っていきたい。

 

明星 ぶぶか 油そば 165g×12個

明星 ぶぶか 油そば 165g×12個