ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



麺屋 頂 中川會 曳舟店で濃厚魚介鶏つけ麺(曳舟)

最近はあまりつけ麺を食べていなかったので、ひさしぶりに魚介系つけ麺を食べにこちらのお店にやってきた。満席らしく、数人の行列ができていた。

f:id:cattee:20180114160039j:plain


墨田区に3店舗をかまえるラーメン店ということで、入口にはこれまでに紹介された様々なメディア情報が貼ってある。芸人の土田晃之さんが「今日も食べてきた」というテロップが入った、テレビ番組の写真も貼ってあり、ということは墨田区にお住まいなのかしら、などと思いつつ待つ。15分ほど待って入店。

濃厚魚介鶏つけ麺の並(800円)を注文。席に座ると「カレ変ライス」「ドリ変ライス」という貼り紙が目につく。そういったオプションもこの店の人気に一役かっているらしい。とはいえ、いつもラーメン一杯で満腹になってしまう僕なので、食べきることができるか不安。今回はつけ麺のみでお願いします。

f:id:cattee:20180114160029j:plain

f:id:cattee:20180114160053j:plain


ところで、こちらの店名である中川會。この「會」という文字を見るとなぜだか走り屋を想像してしまう。まあ、旧車會のイメージなのだろうが。そのため、なんというか、いわゆるヤンキーな店、すなわちオラオラ系の店主さんなんだろうなという勝手な想像をしていた。実際のところはわからないが、非常にご丁寧に接客いただいて、まったくオラオラ系ではなかったということを付け加えておきたい。どうでもいいですね。

つけ麺もちゃんとお盆にのって提供され、小皿に辣油までついてくる。見た目も上品だ。

f:id:cattee:20180114160118j:plain

f:id:cattee:20180114160231j:plain


スープは思っていたよりも魚介感が強くはなく、甘みがあって食べやすい。辣油と酢を少し入れると、味が引き締まっておいしかった。

f:id:cattee:20180114160126j:plain

f:id:cattee:20180114150656j:plain


麺は白っぽくてつるっとしている。つけ麺にしては比較的細めかなと思うが、こちらも食べやすい。

f:id:cattee:20180114150639j:plain


チャーシューは少々脂っこい。柔らかく煮込まれていて、このタイプのチャーシューはなんだかひさしぶりに食べた。甘みのあるスープにはよく合う味だと思う。

f:id:cattee:20180114150659j:plain


最後は割りスープをいただいて締め。意外とあっさりと完食できたので、カレ変ライスいくべきだったと少し後悔。次回はチャレンジしよう。

f:id:cattee:20180114160211j:plain