ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



英語ができる人への当時の僕の怒り

昔の日記を見返していたら英語について超キレている日記があったので自戒の念もこめて再掲したい。これは当時、日本ではないところで働いていた僕の英語に対するストレスと怒りが爆発した文章だと思われます。

 

------

英語で苦労していることはもう散々書いておるのだけれど、そうなってくると仕事で使う言語が日本語だったら……などという妄想をして無駄な時間を過ごすことも多くなる。少し長い英文を作るときなどは、いまだに日本語を書いてからそれを元に英作文をするなどしているから時間がかかるのである。たまに本社にメールを送るときは当然日本語だから全くストレスなく送れるのだけれど、今度は本社からの返信メールの日本語に腹が立つときがある。もう個人的な感覚で断言しちゃうけど、英語ができる人は日本語が下手だ。まず日本語の文章の書き方のルールがわかっていない。小学校のときに習っただろうということができない。おまえが言うなと言われてしまうかもしれないが、ボク以上にひどいのである。逆接の連発とか、ビジネス文書で話し言葉が入ってたりだとか、下手したら文頭の書き方までおかしい。ちょっといらいらするのを通り越して、それで今までよく怒られなかったねというレベル。先日、トンボ鉛筆の人事がメールの内容で怒られていて、あれは確かにそもそも意味がくみ取れないけど、文章力だったら大して変わらんよマジで。

それで英語ができない人を見下してたりするんだから始末に負えない。もう書きながらさらに怒りがわいてきたから、言ってしまうけども、貴様たちができていると思っている英語コミュニケーションは、ノンネイティブだから多少の間違いは許されるという免罪符のうえに成り立っていることを知っておいたほうがいい。貴様たちは「これだから日本は」とか「海外の場合は」などの日本を軽視、及び見下した発言ができるほど、コミュニケーション能力も仕事処理能力も高くない。それぞれの部署の人間はそれぞれの部署でプロフェッショナルとして働いておるのであって、英語ができるだけの貴様たちがほいほい入ってできるほど甘いもんじゃない。周囲の手助けがあってまわっているはずの仕事を、(英語ができる)自分だからできていると勘違いするのは大概にしていただきたい。海外のやり方が正しいんじゃない。その国にはその国のやり方があって、それが多少非効率であったとしても、効率的でないことがイコール悪であるという単純思考しかできない貴様たちが対応できるとは思えない。日本の営業をやったことがない人間が、何故それを非難できるのかわからん。我々日本人は日本語ネイティブなわけだ。ネイティブだからこそ難しいことが多々あるということを知れ。

ちゃんとみんな仕事してんだから、泥臭い営業したっていいじゃないすか。直接話さないとわからない人だっているんすよ。メール数回で作る売上がえらいわけじゃないんすよ。何度も足を運んで、何度も話して、時間がかかっても売上は売上ですよ。そういうものの積み重ねで会社の売上は成り立ってんだから。そういう考えしかできないのなら、外資系の会社で海外赴任すればいいじゃない。

とそういうことを思いました。おわり。

 

------

当時の僕からは以上です。