ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



煉瓦亭で元祖オムライス(銀座)

老舗の煉瓦亭さん。平日開店前の11時に到着するも既に10人ほどの列ができている。すごい。入店すると地下の席に通された。2階もあるし広い席数は多いのに行列ができるのだから人気のすごさがわかる。

f:id:cattee:20170812105808j:plain

メニューを見ながら何を食べようか悩む悩む悩む。難しい。ポークカツレツもおいしそうだし、グラタンもおいしそう。しかしここは元祖オムライスか。ここでしか食べられないものということで注文。

f:id:cattee:20170806105917j:plain

f:id:cattee:20170806105920j:plain


それはオムライスと呼ぶにはあまりにも禍々しいいでたちをしていた。剥き出しのご飯。添えられた緑の物体。そして赤い液体。

f:id:cattee:20170812105841j:plain


一口食べると違いは明確だった。あ、これ卵かけご飯だわ。かなり薄味なのでケチャップをつけながら食べる。醤油のほうが合うかもしれない。

f:id:cattee:20170806105928j:plain


同行者が注文したポークカツレツもいただく。衣が厚くてボロボロはがれる昔懐かしのとんかつ。ザクザクというよりもガリガリという食感。肉はいいものを使っているのだろうと思う。

さらにチキンサンドイッチも。パンはセントルの食パンを使っていると聞いたがどうなのだろうか。ふんわりもっちりでおいしい。たまらん。チキンは想像とちがって、ツナのように細かく切られていた。とんでもなく食べづらいがそれでもおいしかった。

f:id:cattee:20170812105903j:plain


さすが元祖である。ノスタルジックな銀座洋食に浸りたいときはいいかもしれない。店員さんがすぐに水を入れてくれるのもなんだか喫茶店を思い出してよかった。ほな、食後にレイコーひとつ。

 

家庭で焼けるシェフの味 セントル ザ・ベーカリーの食パンとサンドイッチ

家庭で焼けるシェフの味 セントル ザ・ベーカリーの食パンとサンドイッチ

 

 

つじ田 奥の院で煮干しらーめん(飯田橋)

つじ田の出店地域選定はどうなっているのだろうか。世間的にはいわゆるドミナント戦略ということなのだろうが、ここ飯田橋には3店舗が隣り合っているという状態である。飯田橋サラリーマンにとっては日々の選択肢が増えてよいことだし、この3店舗をローテーションしてくれれば最高なわけだが、デメリットもありそうだが。

f:id:cattee:20170812105602j:plain


ほかの2店舗は数人の行列ができていたが、こちらの奥の院はすんなり入ることができた。今日は煮干しが食べたくて、それを目当てできたのでラッキーだった。

f:id:cattee:20170812105612j:plain


煮干しらーめん上(980円)を注文。低めのカウンターで店主が調理している姿が見えるわけだが、丁寧に作っているのが伝わる。つじ田だけあってレベルが高いものに仕上げてきている。煮干しのえぐみはほぼなく、濃厚ではあるが、すっと飲めるスープ。

f:id:cattee:20170812105624j:plain

麺は三河屋製麺製でぷりっとした食感の細麺ストレート。価格は高めだが、それに見合うおいしさがある。

f:id:cattee:20170806105434j:plain


チャーシューは低温調理なのか、味が少々甘め。

f:id:cattee:20170812105644j:plain

スープも甘めなので後半は少しくどくなってしまったが、ねぎが多めに入っていてスープと一緒に食べることで、最後までおいしくいただけた。個人的にはこの煮干しが他の二店舗に比べて、クオリティの高さを感じた。次にここにきても、この奥の院を選ぶと思う。

 

 

俺の焼肉 銀座4丁目店で焼肉(銀座)

知人に呼ばれて訪れた俺の焼肉屋さん。最近は「俺の」とついていても俺の株式会社なのかどうかよくわからない状況なっていて、街中で見知らぬ「俺の」を見かけると、「俺のシリーズ、完成していたの!?」となるわけで、そうなると「負けてらんないの、あんたたちにぃ」と立ち向かわなくてはならなくなるのは、30代だから仕方のないことである。

f:id:cattee:20170812105132j:plain


もはや俺のシリーズの概念はなんだったのか。たしかスタンディングで安くて上質みたいなイメージだったのだけど、そうではないのか。店内に入るとあまりの大衆店っぽさにびっくりした。内装はキレイだし、店員さんの恰好もちゃんとしているのだけれど、落ち着いた雰囲気は一切なくて、まるでホストクラブのよう。

松坂牛の肉盛り合わせが入るたびに、やかましい髪型のイケメン店員が掛け声をかけるものだから、おもわず静かにしろといってしまいそうで、もはやそれは「●番テーブル様、ドンペリ一本いただきましたー!」「ありがとうございまーす」(パチパチパチパチ)の歌舞伎町さながら。歌舞伎町のホストクラブなんていったことないけど。こちらはそういうのはいいからキムチである。

f:id:cattee:20170812105200j:plain


黒毛和牛特選盛り350g(3,580円)を頼んだところ、霜降りがとんでもなく、確かにこれは安いのだろうけれど、これホストが仕事終わって朝方に食べるやつやろと思った。

f:id:cattee:20170812105142j:plain

肉もそこそこに石焼ビビンバでしめる。

f:id:cattee:20170812105219j:plain

最後に店員さんに写真を頼んだら、後ろで他の店員さんがピースで映り込んだりしているから、ホストクラブやないか、と思った。ホストクラブが好きな人にはよい焼肉屋さんだと思う。

 

コワ?いホストクラブの話 (宝島SUGOI文庫)

コワ?いホストクラブの話 (宝島SUGOI文庫)