ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



夏が好きだという人

夏が嫌いだ。暑いのだけは我慢できない。昔から夏が嫌い嫌いでたまらなかった。

 

理由は「暑いから」というのはもちろんある。それともうひとつ。夏は人がうるさいのだ。そもそも夏はうるさいイベントが多い。フェスや海、花火など。開放的な気分になるのかそれにつられてうるさい人間が増える。

 

僕はそういったうるさい人間にはなれなかった人間である。いわゆる暗い人間だ。明るい人間になりたかった。しかしなれなかった。みんなとわいわいやってみたかった。しかし、そういうノリについていけなかった。嫉妬のようなものだと思う。結果的に僕は静かに生きていきたいと思うようになった。できるだけ人に関わらず、自分の好きなものにだけ向き合っていたい。それなのにうるさい人間はどこにでも現れるし、あまつさえ僕の生き方を邪魔してくることもあった。僕はただ静かに生きていたいだけなのに。

 

夏に活動的になる習性がある種類の人間がそこかしこにいる状況が恐怖なのである。

 

僕は冬が好きだ。寒い冬の散歩は楽しい。それに夏をこれだけ憎んでいて春や秋が好きだなんていうのはなんだか不誠実な気がする。だから僕は冬が好きだと大声で言う。

 

冬はあのうるさい人たちも少し活動が鈍くなるようで、夜に散歩をしていてもあまり出くわさない。それがとてもいい。夏に活動的になって、冬にこもるというのはなんだか生物的にとても正しい気がする。しかし冬はそういう強い生物から逃れられる絶好のチャンスなのである。これが僕のような人間が生きていく知恵なのである。

 

とはいえ人間は知恵があり、冬になっても冬眠したりはしない。あのうるさい人間たちもどこかでウェイウェイやっているはずだ。居酒屋などではどうしたってそういう人間がいる。僕はただただそういう場所を避けて生きていくしかないのである。

 

先日、「夏が好き」と公言していた人に「これだけ暑くても夏が好きなの?」と聞いてみた。するとその人は

 

「うーん、夏が好きというより、夏が好きといっている自分が好きみたいなとこあるよね」

 

といっていた。それはとてもよく分かる気がする。あと「冬が好き」とか言うやつとはあんまり友達になりたくない。気持ち悪いもん。

 

しかし人間の中には「夏が好き?それとも冬が好き?」という二択の質問に対して、

 

「やっぱり春かな」

 

と答える人種がいる。

 

こういう人には絶対に近付いてはならない。夏が好きという人種よりもさらにやばい奴らだ。それが僕の生きる道である。

豊前裏打会 萬田うどんで萬田ぶっかけ(福岡県・薬院)

福岡といえばうどんも有名だ。ふわふわとした柔らかいうどんというものを食べてみたくて、福岡在住の知人におすすめのうどん店を聞いたところこちらを紹介された。

f:id:cattee:20180717223917j:plain

f:id:cattee:20180717224010j:plain


豊前裏打会というものを知らなかったのだが、北九州におけるうどんの一大勢力なんだそうだ。

f:id:cattee:20180717223931j:plain

f:id:cattee:20180717224000j:plain

 

なんだかヤクザのような謂れとは反対にお店はカフェのようにおしゃれで清潔感がある。奥にはテラス席らしきものまである。

f:id:cattee:20180717223842j:plain

f:id:cattee:20180717223844j:plain

f:id:cattee:20180717223850j:plain

 

メニューからおすすめであろう店名が名前に入っている「萬田ぶっかけ」(980円)の冷たいうどんを注文。

f:id:cattee:20180717223851j:plain


やってきたうどんはごぼうの天ぷらが見事だ。観音様の後光のようにキラキラしている。見た目のインパクトは大切である。

f:id:cattee:20180717224133j:plain

f:id:cattee:20180717224245j:plain


麺はやや細麺。

f:id:cattee:20180717224146j:plain

 

しこしことしていて、コシもある。聞いてたやつと違う!と思ったが、これはおいしい。しなやかで見た目もきれいだ。讃岐うどんに比べると粘りは弱く、逆に喉越しはとても良い。

f:id:cattee:20180717224225j:plain


とろろと温玉がトッピングされているので、しっかりかき混ぜて食べるのもいい。つゆもしっかり旨味があり、粘りのある具材も受け止めてくれる。

f:id:cattee:20180717224202j:plain


ごぼう天は口の中で刺さりまくるので、少しずつ口でちぎっていただく。

f:id:cattee:20180717224309j:plain

 

これだけでお腹いっぱいになりそうだ。調べてみると豊前裏打会はごぼう天がベーシックな具材らしい。

f:id:cattee:20180717224210j:plain


これだけおいしいと温かいうどんのつゆも気になるところだが、ごぼう天を食べきったところでお腹はギブアップ。いわゆる博多うどんの他にもこんなジャンルがあるのだから、九州の方のうどんに対する情熱はすごい。

博多うどんの進化を先に味わってしまった。元祖を食べていないのに。早めに博多うどん食べるぞと心に誓うのだった。

その後、結局福岡でうどんを食べることなく帰京することになるのだが、そのことを僕はまだしらない……。

 

ももち浜ストア 「うどんMAP」 (ぴあMOOK)

ももち浜ストア 「うどんMAP」 (ぴあMOOK)