読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



こたつ屋で焼鳥(田端)

このあたりに越してきて何度ここに来ただろうか、というほどにお世話になっている。少し早めの時間に仕事をあがれたときは、まずここが頭をよぎる。ファストフード店に入るぐらいのカジュアルさでもって(しばしば満席だが)、訪れてしまう店だ。

f:id:cattee:20170526235543j:plain


注文するものはほぼ決まっていて、まずはとりわさ(300円)。そして、ささみ、鳥れば、鳥つくね。タレ塩はおまかせと伝えればよい。

f:id:cattee:20170526235552j:plain

ささみは塩で出てくる。からし、ゆずこしょう、わさびがのった皿とともに出てくるので、好きなもので食べればよい。かなりレアに焼かれている。

f:id:cattee:20170526235602j:plain


運が良い日は白ればもある。この日は少々焼きすぎではあったが、外側は弾力があり、中はとろりとしたおいしいレバーだった。

f:id:cattee:20170526235616j:plain


合間にとりわさ。先ほどのレア目なささみがポン酢につかっている。雑にわさびが盛り付けられているが、これも居酒屋感があってよい。物はいいよう。好きな店はなんでも好意的に見えるの代表例だが、そのくらいは勘弁してほしい。

f:id:cattee:20170526235701j:plain


そしてつくね。これがおいしいのだ。見た目はちょっと大きめのつくねだし、特に高級感があるわけでもない。しかしなぜだか素朴でうまい。こちらは断然タレがおすすめであるが、塩で辛子をつけて食べてもうまい。

f:id:cattee:20170526235715j:plain


あとは余韻にひたりながら、ただ酒を飲むのみである。

ちなみにこの日は某街歩き系テレビ番組でこのお店の周辺が取り上げられた日であった。店内のテレビがつくと、全員がその放送を眺め、あーだこーだと会話が盛り上がる楽しい夜だった。

 

東京西川(西川産業) リバーシブルこたつ布団 80正方形用(掛け布団) ブラウン/ベージュ ABR0508011-BR
 

 

 

秋吉ニュー神田店で立ち飲み焼き鳥(神田)

秋吉、好きなんです。と唐突に秋吉への愛の告白をしてしまった。学生時代に梅田店によく通っていたのだ。当時はチェーン店だなんて、ましてや福井県発祥のお店だなんてことも知らず、ただただ威勢の良い店員さんと、立ち上る炎に導かれるように通っていた。

そんな秋吉が東京にもあることを知り、そしてチェーン店で福井発祥だということを知ったのもいまは昔。そして今回はじめて秋吉の立ち飲み業態に訪れてみた。

f:id:cattee:20170514231848j:plain


小さい店内だが、中身は客が立っていること以外それほど変わらない。威勢の良い店員さんはやっぱりいるし、ドリンクの提供も早い。

f:id:cattee:20170514231854j:plain

違う点は一人前が3本ということと(通常は5本)、味噌焼きの串に酸っぱいタレがつかないことくらいか。メニューは多少少ないが。

お決まりの純けい(240円)、しろ(240円)、そしてピートロ(240円)を注文。味はもちろん変わらない。学生時代と同じだ。ピートロは当然みそ焼である。

f:id:cattee:20170514231904j:plain

f:id:cattee:20170514231909j:plain

f:id:cattee:20170514231913j:plain


立ち飲みだからさっと出ようと思ったが、ついつい二杯目。そして追加でタン(240円)、みの(240円)など。そして何を思ったか三杯目を頼んでしまうほどに、やはり秋吉はおいしいのだ。

f:id:cattee:20170514231928j:plain

f:id:cattee:20170514231932j:plain


一人で来るには3本から注文できるこちらのほうがありがたい。混んでいることもなく、いつでもあの味が楽しめる。この立ち飲み業態は今後増えてほしいなと思う。

 

ベスト・オブ・秋吉敏子

ベスト・オブ・秋吉敏子

 

 

神田たまごけんでオムライス(秋葉原)

秋葉原の路地裏をうろうろとしていたら、なんだか奥のほうに看板が見える。近づくとオムライスのタペストリーが見えてきて、なんとなく入店。

f:id:cattee:20170514231625j:plain


入るとすぐに券売機がある。チェーン店なのだろうか。メニューはいくつかのソースを選べるタイプで、相がけも可能。せっかくなのでトマトソースとデミグラスソースの「トマトハヤシ」(790円)の券を購入。

f:id:cattee:20170514231644j:plain


昼時だが、客は自分以外に一名。路地裏過ぎてあまり発見されていないのだろうか。厨房では若い店長らしき人がご飯を炒めはじめている。チェーン店かと思ったが、しっかりと調理してくれるようで一安心。

f:id:cattee:20170514231614j:plain



10分ほど待って到着。よくあるとろりとした玉子のオムライスで、左右にきれいにソースが分かれている。玉子のふわふわ感は洋食屋に比べると弱め。その代わり、洋食屋に比べるとご飯の量が多くてたっぷり食べられる。おそらく200g以上はありそう。

f:id:cattee:20170514231639j:plain


トマトソースは酸味が少々強めで好みとは少し違う味だったが、デミグラスソースのほうはオーソドックスで万人受けしそうな味に仕上がっていた。

f:id:cattee:20170514231618j:plain

これといった特徴はないが、秋葉原でとろーりオムライスが食べられるのは貴重。家庭でオムライスを作る余裕がない人は、路地裏をさまよう価値はある。

 

タマハシ たいめいけん オムライスパン22cm TM-107

タマハシ たいめいけん オムライスパン22cm TM-107