ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ボンディ神田小川町店でエビカレー(神田・小川町)

泣く子も黙るボンディである。

東京に出てきたときにカレーを食べにいこうと誘われて本店のほうにいった。カレーなんて家で作るか、ココイチに行くかしか知らなかったから、「おいしいカレー」という概念がまったくわからず戸惑った記憶がある。

カレー屋に並んで食べるのか。こんなに高いのか。なんで芋だけ先に出てくるのか。そしてこれがおいしいカレーというものか。それらすべてをボンディで知ったわけである。あの頃僕は若かった。時は過ぎ、僕もおじさんと呼ばれる年齢となり、ボンディを昼食で食べるようになるのである。なんでこんなこと書いてるんだ。

昼時だったので当然のように満席。少し待って案内される。注文は店長おすすめといったエビカレー(1,480円)をご飯少なめで。

f:id:cattee:20180219222628j:plain


芋がやってきても慌てず騒がず。バターをつけて一個だけいただく。経験上、二個食べるとカレーがくるまえに満腹感が出てしまうからだ。

f:id:cattee:20180219222852j:plain


そしてやってきたエビカレー。エビがごろんごろん入っているぞーっと叫んだりはしないけど、それくらいの気分になる見た目である。

f:id:cattee:20180219222908j:plain


関係ないのだけれど、別添えでやってくるルーをどのくらいかけるのかいつも悩む。

f:id:cattee:20180219222951j:plain

本音は全部いっきにかけてしまいたいのだが、それって下品なのかしらと周囲をきょろきょろ見回すと、やはりちょろちょろとかけてカレーを楽しんでいる紳士淑女のみなさまが見て取れるので、僕もそれにならいちょろちょろかけ、一口食べてはまたちょろちょろとかけるということをやっている。そのうち面倒くさくなって全部かけてしまうんだけど。

f:id:cattee:20180219223016j:plain

 

カレーは相変わらずのおいしさ。欧風カレーといいつつも懐かしさもあり。それから具材がとてもおいしいから価格に対しても納得感がある。

 

f:id:cattee:20180219222633j:plain

f:id:cattee:20180219222637j:plain


はじめて食べたあの日からもう数年は経っているはずなのに変わらず人気であり続け、大衆化しつつもブランド力があるというのはすごいことだと思う。ちょっとしたご褒美感があるカレーだから、がんばった日に食べにこよう。

 

神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ チーズカレー お店の中辛 180g×5個

神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ チーズカレー お店の中辛 180g×5個

 

 

柳家でたい焼き(人形町)

東京三大たい焼きはさすがの人気でものすごい行列。ちょうどおやつにいい時間に並んでしまったせいで、50人はいただろうか。しかし長い待ち時間もだいじょうぶ。たい焼きを焼く職人さんの美しい鯛捌きを見ているとあっという間に時間は過ぎるから。

f:id:cattee:20180219222229j:plain


生地と餡をのせてサンドし、ハシをくるりとひっくり返す。がちゃがちゃ焼き加減を調整して、一番右のハシをぱかっと開くときれいなたい焼きが一匹ころんと出てくる。これがまたリズミカルでとても楽しいのである。

f:id:cattee:20180219222251j:plain


たまに焼き加減がよろしくなかったのか容赦なく捨てられる鯛もいて、たい焼き界の厳しい競争社会を目の当たりにする。なかなか難しいものだ。

f:id:cattee:20180219222301j:plain


そんなわけで何分くらい並んだのか全然覚えていないのだけれどおそらく20~30分ほど待ってお目当てのたい焼きにありつけた。

f:id:cattee:20180219222318j:plain


さっそくぶらぶら歩きながら包みを開く。あったかいたい焼きがにゅっと顔を出すととても幸せな気持ちになる。

f:id:cattee:20180219222400j:plain

 

顔のほうからがぶりとかぶりつくと熱々の餡が口の中に飛び込んでくるのだ。薄皮なのにもっちりとしていて、さらにぱりっとした最高の焼き加減。

f:id:cattee:20180219222351j:plain

餡子は甘すぎない昔ながらの食べやすいタイプ。たい焼きについては全然詳しくないけれども、これがおいしいたい焼きだということはわかる。

なんちゅう幸せな食べ物を作ってくれたんだ昔の人は。

 

D-STYLIST たい焼きメーカー  KK-00310 KK-00310

D-STYLIST たい焼きメーカー KK-00310 KK-00310