ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



PAULでクロワッサンミックス(四ツ谷)

JR四ツ谷駅をおりて昼飯を食うところを探そうとにぎやかそうな交差点を目指しているとPAULがあった。まわりを見回してみたが、ぱっと見た感じではKFCしかないし、この先にいって当てもなくお店を探すよりはPAULのデニッシュを食べたほうが間違いないだろうと入店。

f:id:cattee:20170611173731j:plain


が、とんでもない行列。先ほどまで雨が降っていたからからテラス席ががらがらだったので、テラス席をリクエストするとすんなり通してくれた。

f:id:cattee:20170611173745j:plain

f:id:cattee:20170611173754j:plain

f:id:cattee:20170611173822j:plain


風が強く、外でランチメニューはおすすめしないとのことだったので、カウンターでパンを購入することに。クロワッサンミックス(496円)とソーセージのボリュームがすごいブリオッシュ・ソーシス(388円)、アイスコーヒーを注文。ソーセージはレンジで温めてくれた。

f:id:cattee:20170611173848j:plain

f:id:cattee:20170611173856j:plain


クロワッサンミックスはスモークハム、チーズ、トマト、レタスという定番の具材が入ったサンドイッチ。クロワッサンはしっとり、歯切れがよくておいしい。これでちょっとお腹が膨れてしまった。

f:id:cattee:20170611173829j:plain


サンドウィッチのあとにこのソーセージブリオッシュはちょっとやってしまったなあと後悔。もっちりとした生地がずしりと重い。ソーセージがジューシーでパンも食べてしまうのだけれど、順調にお腹はたまっていく。最後はスパートをかけてなんとか完食。

f:id:cattee:20170611173837j:plain


酸味の強いアイスコーヒーが満腹のお腹にやさしい。
食べ終わっても相変わらず行列は続いていた。あっさり入れたのは運が良かっただけだったみたい。今日はラッキーだったと思いつつ、次はモーニングでも。

 

 

角煮酢豚麺 ゆきふじで紅湯麺(新御茶ノ水)

「紅湯麺」(フォンタンメン)というオリジナルラーメンを食べさせてくれる店があると聞いてやってきた。店内に入ると満席でしばし待ってから着席。

f:id:cattee:20170611173318j:plain


オーダーは特製紅湯麺(1080円)。角煮とチャーシューの配分をきかれたので、どちらも一つずつと答える。ところが、しばらくして到着した丼には角煮が2つ。あら、チャーシューは?と尋ねると、間違えたとのことで店主さんらしき人に相談しにいく若手の方。すると店主さんが黙って別皿にチャーシューを2枚盛って出してくれた。それがなんだか大変申し訳ない気持ちになってしまい、すごくテンションが下がってしまった。黙っていればよかったのかもしれない。

気を取り直して紅湯麺である。見た目は完全に中国あたりで食べる麺だが、具材のたっぷりさがすごい。角煮とワンタン、煮玉子にメンマ。ニラとパクチーも入っている。パクチーは苦手なので、抜いてもらえばよかった。

f:id:cattee:20170611173331j:plain

f:id:cattee:20170611001506j:plain


スープはダシ感もありつつ酸味と辛味がうまく共存している。少々漢方的な雰囲気もあるが、オリジナルの味にしあがっている。

f:id:cattee:20170611173344j:plain


角煮はとろけるというタイプではなく、歯応えがある。スープを吸わせて味付けをするという仕立てになっているだろうか。

f:id:cattee:20170611173354j:plain

ワンタンも自家製のようで皮が厚め、硬め。中具はプリッとしていて小さいながらも食べごたえがある。

f:id:cattee:20170611173404j:plain


少し気分は下がってしまったが、お味はとてもよかった。これをいわゆる日本式ラーメンというかどうかは微妙なところだとは思うが、こういった新ジャンル麺としてはスタンダードになれるかもしれない。次回は別メニューにもチャレンジしたい。

 

みんみんのとろけるチャーシュー300g

みんみんのとろけるチャーシュー300g

 

 

もつ焼き栄司で麻婆マルチョウ定食(東京)

東京駅でラーメンでもと思ったのだが、あそこは昼時に近づくにつれ、鬼のような行列ができあがるので、時間と相談し、キッチンストリートに舵を切る。

ぐるりとまわり、一通りのお店を見て回った結果、もつ焼き屋が気になる。ネットで見ると、もつ焼きなのにみんな麻婆豆腐を食べている。なんじゃあこりゃあと思いつつ、さいしょの感覚を信じて入店。

f:id:cattee:20170611173015j:plain


カウンター席に座り、麻婆マルチョウ定食(1,050円)を注文。どうやら麻婆豆腐にもつが入っているようだ。

f:id:cattee:20170611173027j:plain


出てきたそれは一見普通の麻婆豆腐なのだが、よく見るとしっかりマルチョウが入っている。

f:id:cattee:20170611173038j:plain


辛さはそれほどでもなくて、あまり辛いものに強くない僕でも食べられる程度。ご飯にのっけて食べる。

マルチョウはそれほど入っていない。脂身のかけらのようなものもあるので。味のアクセント程度だと考えればよいと思う。しかし麻婆の中にもつが入っても違和感がないものだなあ。

f:id:cattee:20170611173004j:plain


珍しくご飯をおかわりしてしまい、おいしくいただいた。オーソドックスな麻婆豆腐で食べやすく、マルチョウの脂っこさもそれほど気にならない。これは酒のお供にするのが正解なんじゃないか、という考えが頭をよぎる。するともはや酒のつまみにしか見えない。次回は夜に伺いたいと思う。

 

メキシコ産 ホルモン 丸腸(マルチョウ) 1kg

メキシコ産 ホルモン 丸腸(マルチョウ) 1kg