ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



吟醸煮干 灯花紅猿で煮干らぁ麺(四谷三丁目)

もともと灯花本店があった場所がリニューアルされて燕三条系の背脂煮干しを出すようになっていた。煮干しも補給したいし、背脂も補給したい時期だったので開店時間を狙って行ってみることにした。

f:id:cattee:20180620230827j:plain


午前11時に到着。並びは3名。しかしまだ開いていない。準備が遅れているのかしらと思い、最後尾に並びしばし待つ。なかなか開店しない。

結局11時半に開店した。そもそも開店時間が間違って認識していたのか。開店した頃には10人ほどの並びになっていたから早めに来てよかった。

ひとりずつ食券を購入してお店にはいっていく。「半熟味玉煮干らぁ麺」(880円)を購入。座席はカウンター5名のみで、とにかく狭い。後ろはすぐにガラス扉で背中がついてしまいそう。

先頭の方から順番に食券を出して、背脂の量と味の濃さを言っていくスタイル。僕の前の方が「玉ねぎ増し、背脂増し、味濃い目」と慣れた感じでオーダーをしていたので、僕もつい「背脂増しで」といってしまった。後悔はしていない。

目の前には人が一人はいっていっぱいになりそうな厨房。ここまで近いと作っている側も客に見られてやりにくいだろうなと思うが、普段からそうなのだろう、ひとつひとつの注文を丁寧に作っているのがわかる。

5分ほどでカウンター5人の注文が次々と仕上がってくる。僕の前にもらぁ麺がおかれる。いやあ背脂たっぷりである。

f:id:cattee:20180620230841j:plain

 

f:id:cattee:20180620230803j:plain


スープは煮干し100%だそう。少々えぐみがありつつもスッキリしている。ここにびっしりと背脂がのっかっているのだからすごい。一口飲むと脳が勝手においしいと思うシグナルを出しているんじゃないかというくらい、瞬間的においしいと思ってしまう。

f:id:cattee:20180620230751j:plain


麺は中太平打ち縮れかな。背脂が見事に絡まって、作戦通りといった感じ。もちもちした食感で麺と背脂を口の中でしっかり味わうことができる。

f:id:cattee:20180620230752j:plain


チャーシューは豚バラかな。箸で持つと崩れてしまうくらいの柔らかさで、こちらもスープにひたしてずずっと一口で食べてしまう。

f:id:cattee:20180620230753j:plain

f:id:cattee:20180620230755j:plain


卓上は「煮干しに合う唐辛子」があったので残り3分の1くらいで投入。

f:id:cattee:20180620230939j:plain

背脂による後半の重たさが解消されて最後までおいしくいただけた。丼をカウンター上にあげて、真後ろの扉を開けて外に出る。ぷはー、脂食ったーという気分。さて今日もがんばろう。

 

ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン 124g×12個

ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン 124g×12個