ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



まぜはるでまぜそば(浅草橋)

まぜそば、油そばについてはいまだ勉強中である。まぜそばと一口にいってもジャンルが多すぎるような気がするし、ラーメンのようにスープで系統を分けるということもないのでいまいち自分の好みが把握しづらい。ということでおいしいと聞いたお店には積極的に行くようにしている。やはり食べてみないとわからない。

f:id:cattee:20180318224946j:plain


こちらのお店もブックマークはしていながらもラーメンではないということでいままで訪問していなかった。そういうことしているからまぜそばに対する知識が身に付かないのだ。昼営業の閉店間際だったのですんなり入店することができた。

f:id:cattee:20180318225131j:plain

 

まぜそば(850円)を注文。やってきたのは麺が見えないほど具材が盛られた丼。

f:id:cattee:20180318225012j:plain

水菜、ネギ、海苔にゴロンゴロンと四角いチャーシュー。中央には卵黄という美しい姿。まぜそばはそぼろのイメージがあったので、この食べごたえがありそうなチャーシューはうれしい。

まずはとにかく混ぜる。

f:id:cattee:20180318225041j:plain

まぜそばは混ぜることが重要らしい。混ぜれば混ぜるほどおいしくなるとのことなのでぐちゃぐちゃとかき回す。十分に混ぜていろいろなものが絡んだ麺をいただく。

f:id:cattee:20180318220227j:plain

つるりとした麺にスパイスの味。かなり濃厚な味だ。にんにくが推奨されているのがよくわかる。いわゆるクセになる味というやつだ。

そしてこのチャーシューがおいしい。

f:id:cattee:20180318220230j:plain

このジャンクな味わいに脂ののった肉という組み合わせのすばらしさ。何度も通う人の気持ちもわかる。

さらに良いところは味変が推奨されているところだ。

f:id:cattee:20180318220216j:plain

お酢とラー油が卓上にあり、入れる量も教えてくれている。個人的にこういった味の濃いものに酢を入れてさっぱりさせる食べ方が好きなものだから、こりゃあいい。昼間っからビールがのみたくなる。そんな飲み方もいいんじゃないか。

 

こちらは台湾まぜそば。

f:id:cattee:20180318225205j:plain


ビールは我慢したが最後までおいしく食べることができた。連れが食べていた台湾まぜそばもいただいたが、個人的にはまぜそばのほうが好きだ。夜にきてちょっと一杯もやってみたい。や、確実に太るやつだそれ。

 

台湾まぜそば

台湾まぜそば