ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



餡舎ひよ子で大判焼(上野)

いままであまりパンダというものに興味がなかったのだが、上野駅エキュートのパンダフィーバーぶりを見ると、やはり世間的にパンダは大スターであり、人を呼べる、ひいては銭になる存在であることが確認できる。

こちらはかの有名な「ひよ子」さんだが彼らといえど例外ではなく、しっかりとパンダを使った商品展開をしている。それが「赤ちゃんパンダのかすたーど」(124円)という大判焼きである。

f:id:cattee:20180128003921j:plain


看板を見るとうっかり「とろ~り」した赤ちゃんパンダが売られているのかと勘違いしそうになるし、「赤ちゃんパンダのかすたーど」というなんとなくキャッチーで意味のない商品名がかわいらしい。

f:id:cattee:20180128003908j:plain


ぐだぐだ書いてきたが、僕はこれが大好きなのである。上野駅にくるたびに食べている気がする。数年前、Ingressというゲームをするために上野公園によくきていて、公園内を歩き回ってへとへとに疲れたあとにこの大判焼きを食べていた。

f:id:cattee:20180128003901j:plain


そのときに疲れを癒してくれた思い出が色濃く残っていて、これを食べると元気になるような気がするのだ。カスタードもなめらかで、スイーツとしてもおいしいと思っている。

f:id:cattee:20180128003852j:plain

 

赤ちゃんパンダだろうがひよこだろうが、このおいしさは不変であり無類であるのだ。ちょっと言い過ぎた気もするがお気に入りであることに間違いはない。疲れた体を癒したいときは赤ちゃんパンダを見にいこう。動物園までいかなくてもエキュートで見れるさ。