ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



六厘舎で辛つけめん(スカイツリー・押上)

濃厚な魚介豚骨つけ麺というジャンルはさすがに下火になってきているが、それでも六厘舎は東京駅でもこちらでも行列の絶えない人気店となっていて、さすがの商売上手だなと思う。夜であれば空いてるだろうと20時頃に入店しても、しっかりと席が埋まっていて、カウンターに着席。

f:id:cattee:20171105194821j:plain

注文は「辛つけめん」の小(880円)。通常のつけ麺は何度か食べていたので違ったものを食べてみたくて。

f:id:cattee:20171105194843j:plain

辛味は別添えなので自分で調整できるようだ。

f:id:cattee:20171105194854j:plain

とりあえず3分の1ほど入れてみて、麺をすする。なんだか懐かしい食感。数年前のつけ麺はみんなこんな感じの麺だったような気がする。つるつるストレートで歯応えがある。

f:id:cattee:20171021170110j:plain

辛味はそれほどでもなかったのでさらに3分の1ほど追加。それでもピリ辛といった感じで、卓上の七味などを追加して調整するのかもしれない。スープは相変わらずのドロドロさで、外国人ウケはよさそう。ちなみにソラマチということで、外国人比率はやはり高めだった。

f:id:cattee:20171021170114j:plain

それにしても880円という価格はかなり高く感じる。最近のラーメンにしては割とシンプルな仕立てで、スープもそれほどコストがかかっているような感じはしない。また店舗数の増加である程度の省コスト化ができているのではないかと思うのだけど、やはり立地代ということだろうか。

f:id:cattee:20171021170118j:plain

量は小にしておいてよかった。つけ麺って麺量多すぎですよね?でも周囲を見るとみなさん大盛りで注文されていて、すごいなあと思う。太麺はお腹のなかで膨らむ気がして、食べたあとにどんどん苦しくなってくる。小は適度な満腹感でよかった。これからも小でいかせていただきたいと思うよ、僕は。つけ麺屋さんにおかれましてはその点ご了承いただければ幸甚です。

 

第18回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2017-2018 (1週間MOOK)

第18回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2017-2018 (1週間MOOK)