ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



さんじで濃厚煮干とマッドクラブ(稲荷町)

稲荷町方面に用事があり、上野駅をおりて少し歩いてみる。そういえばこのあたりはラーメン激戦区だったはずで、以前から食べたかった"さんじ"が近いじゃあないかと思い出す。行列は怖かったが、なかなかこちらにくることもないし、思い切って向かうことにした。奇跡的に行列はなし。店内は満席だったが、ちょうど席が空いた。すばらしい。最高。

f:id:cattee:20170625202503j:plain

券売機の前に立つ。マッドクラブも煮干しも両方食べたい。悩んだ結果、濃厚煮干(850円)のボタンを押す。煮干しであればこれまでの経験値から比較ができるからと思ったのと、単純に煮干しが好きなんです。

f:id:cattee:20170625202519j:plain


見るからに濃厚な煮干し。スープをすくおうとするも、レンゲをぐいっと沈めなければすくえない。粘度が高くて、見た目以上にスープが少ないのだ。どれだけ濃いのだろうと一口なめてみると、意外とすっきりしている。もちろん濃厚なのだが、えぐみがほとんどないのだ。

麺を持ち上げる。スープの絡み方がすごい。煮干しの味がどんどん押し寄せてくるし、それを途切れさせたくないものだから、どんどん麺を口に入れてしまう。

f:id:cattee:20170611220627j:plain


低温調理のチャーシューもスープの味をジャマしない丁寧な作りになっている。人気の理由もわかる。

f:id:cattee:20170611220628j:plain


煮干しがあまりにもおいしかったものだから、マッドクラブもすぐに食べに行ってしまった。こちらも超濃厚な蟹の出汁。そして甘さがとまらなくなる。食べさせ方としては煮干しと同じで、濃厚でスープ絡みのよい麺がどんどんススムということである。そりゃあスープも飲み干してしまうわけである。

f:id:cattee:20170625202603j:plain


こんなの全メニュー制覇したくなるし、日の丸さんじも行くしかないじゃないですか。なんてこった。稲荷町なんてあまり用事ないのに、通ってしまうことになりそうだ。