ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



弘寿司で絢爛豪華な寿司(宮城県・仙台)

仙台に行くということでおいしいお寿司が食べたいと予約したこちらのお店。楽しいお寿司が食べられると聞いてやってきた。店構えや店内は素朴だ。今回は3人だったので奥の掘りごたつの席に案内していただいた。

f:id:cattee:20190420150949j:plain


とりあえずビールをいただく。

f:id:cattee:20190420150930j:plain

お通しは素魚の踊り食いでまずびっくり。なかなか箸で掴めず、口のほうからむかえにいって、なんとか口の中に入っても暴れまわる活きのよさ。

f:id:cattee:20190420150931j:plain


続いてお刺身。

f:id:cattee:20190420150933j:plain

お皿はライトアップされ、造花で豪華に盛り付けられている。生蛸や漬け鮪、牡丹海老など、どれも新鮮で見た目に負けないおいしさ。

f:id:cattee:20190420150932j:plain


続いてあん肝が荘厳な盛り付けでやってきた。

f:id:cattee:20190420150934j:plain

一皿のためにこれだけ演出をしてくるお店をあまり知らない。不必要なものかもしれないけれど、やっぱり楽しくて会話は盛り上がる。

f:id:cattee:20190420150935j:plain


あん肝ということでお酒が飲みたくなり、さっそく宮城の伯楽星をいただく。

f:id:cattee:20190420150936j:plain


その後もいくつかつまみをいただき日本酒を飲んでいい気分になる。東京以外に来ることはあまりないもので、せっかくならと予約したお店だ。おつまみもおいしいし、お酒もおいしい。見た目も華やかで食べていて楽しい。

f:id:cattee:20190420150937j:plain

f:id:cattee:20190420150938j:plain


最後は握り。ストップをかけるまで出してくれるとのこと。まずは透明なボックスにのったお寿司がやってきた。

f:id:cattee:20190420150939j:plain

f:id:cattee:20190420150940j:plain

f:id:cattee:20190420150941j:plain

白身、イカから、赤身と甘海老。どれも一工夫されていて、これまで食べたことのないものだった。

続いては生け花のような、写真におさまりきらない高さがある皿がやってきた。

f:id:cattee:20190420150942j:plain

f:id:cattee:20190420150943j:plain

f:id:cattee:20190420150945j:plain

中心部分はしっかりライトアップされていて、もうぱっと見はお寿司が目に入らないほどだ。数の子、ホタルイカ軍艦など、これまた独創的なお寿司の数々。

f:id:cattee:20190420150944j:plain


最後の皿は逆さまにしたグラスの上に貝がのせてあるような器に盛り付けられていて、高低差のあるお寿司が楽しめた。雲丹や蟹など豪華なネタがのったお寿司の数々。残念ながらお腹の具合的にここでストップとさせてもらったが、最後まで舌と目で楽しむことができた。

f:id:cattee:20190420150946j:plain

f:id:cattee:20190420150947j:plain

f:id:cattee:20190420150948j:plain

 

食べ終わったあとはなんだかいい経験をしたなあという気分になる。それがなんだか不思議な感覚だった。こんなに楽しいお寿司は生まれてはじめて。

 

伯楽星 純米吟醸 720ml

伯楽星 純米吟醸 720ml