ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



油そば一二三 分店で油そば(宮城県・仙台)

宮城県の夜。酒を飲んだ帰り道に小腹が空いて油そば屋に入ってしまった。仙台ではじめての油そば専門店だそうだ。いくつか支店もあるらしく、グループでは数店舗を運営しているようだ。

f:id:cattee:20190420150910j:plain


お店の入り口は正面ではなく、横の通路に入ってすぐのところにあった。店内は割と空いているが、ちょっと待ってと言われて10分ほど外待ち。この日は4月の雪が降っていて激寒。凍える凍える。

f:id:cattee:20190420150921j:plain

f:id:cattee:20190420150912j:plain


ようやく店内に入ることができて券売機で食券を購入。「油そば並盛」(730円)にトッピングで「半熟たまご」(100円)を追加した。

f:id:cattee:20190420150913j:plain

f:id:cattee:20190420150914j:plain


注文してからは割とすぐに丼がやってきた。

f:id:cattee:20190420150915j:plain

f:id:cattee:20190420150916j:plain

見た目は非常にシンプルで、いわゆる普通の油そばという感じ。壁に貼ってある「おいしい食べ方」に倣い、ラー油とお酢を回し掛け、全体的によく混ぜる。半熟たまごも投入して、こちらは少し崩して卵黄をつけながら食べる。

f:id:cattee:20190420150917j:plain

f:id:cattee:20190420150918j:plain


醤油ダレは比較的薄めの味で、自分好みにアレンジすることを推奨しているよう。あっさりしているので夜でもさくっと食べることができる。

f:id:cattee:20190420150920j:plain


後半はマヨネーズをかけたり、もう少しラー油を増やしたりと調整しながら食べる。具材も含めて味付けも単調になりがちかなという感じはあるが、油そばというのはそういうものといえばそういうものである。

f:id:cattee:20190420150919j:plain


かなりオーソドックスな油そばなので、男性で並盛だと少し物足りないかもしれない。ものの5分で食べ終わってしまった。この時間にはちょうどよかったのかもしれない。

外に出るとまだまだ雪が降り続いていて、車のボンネットにはうっすら積もりはじめていた。あったまるならラーメンがよかったかな、なんて贅沢なことを思いつつ小走りで駅ほうへ向かうのだった。

 

明星 ぶぶか 油そば 165g×12個

明星 ぶぶか 油そば 165g×12個