ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



築地木村家ペストリーショップ 本店であんぱん食べ比べ(築地)

あまり詳しくないのだが「木村家」というのは銀座木村屋ののれん分けされたになるそうだ。公式HPによると創業100年の老舗で、現在は4代目が焼いているようだ。

f:id:cattee:20190321230539j:plain

f:id:cattee:20190321230538j:plain


と書いてみたが、事前に知っていたわけではなくて、築地をふらふらしていたら木村家というパン屋があり、なんとなく入ってみたらおもしろそうだったからいくつか購入したというそれだけのことである。

f:id:cattee:20190321230540j:plain


店内には食パン、菓子パン、惣菜パンが並ぶ、いわゆる昔ながらのパン屋さんという雰囲気。壁には業務用小麦粉の袋が貼られている。

f:id:cattee:20190321230543j:plain

f:id:cattee:20190321230544j:plain


中でも特徴的だったのは店内中央に置かれた陳列台。

f:id:cattee:20190321230542j:plain

これほとんどがあんぱんなのだ。30種類以上あるらしく、ぱっと見では違いが分からないほどだ。「人気No.1」と書かれたPOPもいくつかあって、人気商品が目白押しである。

f:id:cattee:20190321230545j:plain


今回購入したのはまず「シベリア」(210円)と「黒糖シベリア(250円)。

f:id:cattee:20190321230541j:plain

理由は特になくて、ひさしぶりに見かけて懐かしくなったからというだけだ。そんな軽い気持ちで買ったのだが、これがおいしかった。冷蔵品なので、どうしても生地は傷むはずなのに、口どけよく、甘さもちょうどよい。いままで食べたシベリアの中でも一番おいしかったかもしれない。

f:id:cattee:20190321230546j:plain


それから当然あんぱんも購入した。まずは「極上栗あんぱんゴールド」(390円)だ。

f:id:cattee:20190321230547j:plain

f:id:cattee:20190321230552j:plain

これはもうとにかく栗がすごい。めちゃくちゃ入っている。価格もそれなりにするのだが、それに見合うだけの栗の量だ。ここまで入っているという突き抜け具合がおもしろい。

それから「さっぱりこしあん」(210円)と「スーパーさっぱりこしあん」(210円)も買ってみた。

f:id:cattee:20190321230550j:plain

f:id:cattee:20190321230551j:plain

これはどう違うのだろうという単純な疑問から。うん、確かにさっぱりこしあんは甘さ控えめで、スーパーさっぱりこしあんはそれよりさらに甘さ控えめだ。めちゃくちゃ当たり前のこと書いている気がしないでもないが、そういうものだろう。

築地という土地柄、食べ歩きなども想定したラインナップなのだろうと思う。これも後から知ったのだが、牛すじ玉ねぎカレーパンなるものも人気のようだ。なにその絶対おいしいやつ。次はそれにしよう。

 

銀座木村屋あんパン物語 (平凡社新書)

銀座木村屋あんパン物語 (平凡社新書)