ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



麺や庄ので濃厚豚骨魚介つけ麺(市ヶ谷)

麺庄グループの本家本元である。

f:id:cattee:20190321230401j:plain

 

他店には何店舗か訪れているのだが、あまりに創作感が強くて、自分程度のラーメン知識ではなかなか追いつかないところがあった。そういえば本家に行っていなかったということに気付いて、時間を作って行ってみることにしたというわけである。

f:id:cattee:20190321230351j:plain


こちらもやはり創作麺がウリで、月替わりで新作が出るらしい。ファンの方々はそれを目当てに毎月通っているようだ。しかしお店の定番は濃厚豚骨魚介スープ。まずはこれを食べておこう。

f:id:cattee:20190321230352j:plain


今回はより濃厚なスープが味わいたい気分だったので「味玉つけ麺」(890円)を注文。店内は混雑していたが、慣れた店員さんたちがどんどん客をさばいていく。もうこちらもラーメン屋としては老舗の領域になっているのだろうし、いまや麺庄グループは海外にも進出している。しっかりとした組織になっているのだろう。

やってきたつけ麺のスープは少しオレンジがかっていて、泡立っている。想像していた魚介豚骨とは少し違うみたい。

f:id:cattee:20190321230353j:plain

f:id:cattee:20190321230354j:plain

f:id:cattee:20190321230355j:plain


麺庄さんといえば自家製麺。

f:id:cattee:20190321230357j:plain

 

全粒粉入りの中太麺をしっかりとつけ汁につけていただく。やあ、濃厚ですね。ただ濃厚だけではなくて、少し甘さがありくどさもあまりない。時折、柚子にあたるとふわっと柑橘系の香りがして、濃厚さとのバランスがとれている。

f:id:cattee:20190321230356j:plain


麺も風味があり、すすりやすい。少し粘りがあるのも特徴なのかもしれない。見た目の想像通りいわゆる濃厚魚介豚骨つけ麺とは違っていて、創作感もあり、麺庄らしいということなのだろう。

チャーシューはしっかりと炙られていて香ばしい。味玉の半熟具合も抜群だ。

f:id:cattee:20190321230358j:plain

f:id:cattee:20190321230359j:plain


最後は割りスープをもらって最後までスープを楽しんだ。

f:id:cattee:20190321230400j:plain

 

こういったベースがあってこその創作ラーメンなんだろうなということを知れたことに価値があった。やはり食わず嫌いはよくない。創作系にもちゃんと向き合っていこう。