ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



グリル佐久良でビーフシチューとカニクリームコロッケ(浅草)

浅草にいくつかある老舗の人気洋食店のひとつであるグリル佐久良に行ってみることにした。これだけ有名なのになぜいままで来なかったのか自分でも不思議だ。

f:id:cattee:20190321003501j:plain


まったく予習せずにお店に行き、ドアを開けると女将さんらしき方が「ちょっと待ってねー」という。あら、まだ開店前だった。すいません。少し待って開店。奥にテーブル席はあるが電気が消えていて、カウンター席のみの案内のようだ。端っこから座ったほうがいいですかと聞くと、

「真ん中座っちゃっていいわよ!」

といって豪快に笑っている。いい雰囲気だ。

f:id:cattee:20190321003512j:plain


なんとなくビーフシチューが有名だと知っていたので、注文は「ビーフシチュー」(2,400円)と単純に食べたかった「カニクリームコロッケ」(1,800円)にした。ライスなどはついていないということで単品(300円)を追加。厚切りトーストを注文する人も多いらしい。

あとからどんどんお客さんが入ってくる。意外にも若い女性のおひとりさまが多い。みなさん、メニューもほとんど見ずにビーフシチューを注文しているのに常連さんぽくはないので、おそらくこちらのお店目当てに訪れた遠方からの方なのだろう。なんだかオシャレな方が多かった。

f:id:cattee:20190321003502j:plain

f:id:cattee:20190321003503j:plain


しばらく待つと先にカニクリームコロッケがやってきた。大きくてまんまるなコロッケが2つ。

f:id:cattee:20190321003504j:plain


「ソースかけないで食べてね!味ついているから!あ、キャベツにはかけてもいいよ!でもあとからビーフシチューくるから少しだけにしたほうがいいよ!味濃いでしょ!」

と女将さん。やあ、おもしろい。

言われたとおりソースをかけずに箸でいただく。

f:id:cattee:20190321003505j:plain

これでもかというほど濃厚で粘りのあるベシャメルソースだ。カニ身もしっかり入っていて、風味がすごい。ソースのコクとカニの風味で確かにソースなんて必要ない。これでライス食べられそう。

カニクリームコロッケを1個食べたあたりでビーフシチューもやってきた。ライスは目の前で女将さんがよそってくれる。

f:id:cattee:20190321003506j:plain

f:id:cattee:20190321003507j:plain


ビーフシチューは鉄鍋で熱々である。見た目からしてとろとろな肉が鍋の半分を占めている。他に人参、じゃがいも、ブロッコリーと具沢山だ。デミグラスソースは少し甘みがあって食べやすい。ライスといっしょに食べても合う。

f:id:cattee:20190321003508j:plain


肉は牛バラ肉だろうか。とんでもなく柔らかい。がんがんに食べていかないと最後に肉だけ余ってしまいそうな配分になっているので、肉から食べていく。

f:id:cattee:20190321003510j:plain

f:id:cattee:20190321003509j:plain


途中で女将さんがお漬物を出してくれた。いい口直しである。

f:id:cattee:20190321003511j:plain


ボリュームたっぷりだったが、おいしさでスプーンがとまらずあっという間に完食。本当においしかった。苦味のあるビーフシチューもよかったが、個人的にはこちらの食べやすい味のほうが好きだ。

隣の方がオムレツと間違えてオムライスを注文すると、

「うちにはオムライスないよ。グランドさんと間違っているんじゃない。ほら、あそこおいしいから同じことやっててもダメでしょ?だからうちにはオムライスないのよ」

と女将さんが笑いながら言っていた。やあ、おもしろいですね。

ちなみに女将さんは厨房で料理を作っているシェフの祖母にあたるそうだ。以前は女将さんの旦那さんが厨房に立たれていたそうなのだが、病気で他界。その後を孫であるいまのシェフが22歳で受け継いだそうである。お店に随分若い女性の写真があるなと思っていたら、このビーフシチューを作ってくれた方だったようだ。22歳でこんな人気店を背負うなんてとんでもない勇気だなと思う。そのおかげでおいしいビーフシチューが食べられたわけだから感謝しかない。