ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



浜そばで油そば(湯島・御徒町)

たまに無性に油そばが食べたくなるときがある。普段はほとんど食べないからお店が分からなくて、どこかにいい店がないかと探すことになる。この日は秋葉原にいて、どこか近くに油そばはないかと調べた結果、ここにたどり着いた。

湯島から春日通りに出るとラーメン屋がたくさんある。地図のさす場所に来てもしばらく気付かなかったほど、分かりづらい店構えだ。よく見たら看板もちゃんと出ているのだけれど、なぜだか目に入らなかった。

f:id:cattee:20190129222941j:plain

f:id:cattee:20190129222942j:plain


店に入ると6席しかないカウンターがほぼ埋まっている。なんとか席は確保できたが、その後数人の待ちが発生していた。

券売機で「温玉並」(700円)を購入。温玉にしたのはなんとなくおいしいだろうという予想から。予想というかそんなもの古からの理のようなものである。

かなり時間がかかって出てきた油そば。

f:id:cattee:20190129222936j:plain

f:id:cattee:20190129222937j:plain

麺を見て納得。極太の縮れ麺を使っている。浅草開花楼製のようでモチモチのうえに、タレとの絡みも絶品である。少し硬めなのも個人的には好みだ。

f:id:cattee:20190129222938j:plain


タレ自体はそこまで濃いほどではなく、むしろあっさりした印象を受ける。

ふと前を見ると「油そばの食べ方」というPOPがある。

f:id:cattee:20190129222934j:plain

油そば初心者としてはありがたい。まずは卓上のお酢とラー油をかけるらしい。なるほど、だからタレは薄味にしてあるのか。この自分で調整できるシステムが油そばのいいところである。

f:id:cattee:20190129222935j:plain

具材の鶏肉が甘辛く煮てあって、これがおいしい。いい味のアクセントになっている。

f:id:cattee:20190129222939j:plain


3分の1ほど食べたあたりで温玉を崩してすべてをかき混ぜる。ここまでくるとはあとは自分の好きなように味を変化させながらいただくのみである。後半はラー油を多めに投入して辛さを味わった。

f:id:cattee:20190129220600j:plain


あっという間に食べ終わってしまった。スープがない分、お腹の膨れ具合もちょうどいい。これで調子に乗って大盛りなんてやってしまうと苦しくて後悔することになる。これくらいがいいのだ。

 

日清 デカうま 油そば 157g×12個

日清 デカうま 油そば 157g×12個