ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



江武里で江戸醤油ら~麺(浅草)

20時頃、なんだか無性にラーメンが食べたくなって、ひさしぶりに江武里さんにおじゃました。なんて普通に書いているが、無性にラーメンが食べたくなる頻度高すぎなので、そろそろやばいんじゃないかと思っている。数えたら2018年も100杯以上ラーメン食べてるんすよね。上には上がいるとは思いつつも、緩やかに死に向かっている気がしないでもない。まあ、それはいいや。

f:id:cattee:20181203232800j:plain


そんな中でこちらの江武里さんは浅草ではあまり多くない、淡麗系醤油を食べさせてくれる店舗である。奥にある券売機で「特製江戸醤油ら~麺」(900円)の食券を購入し、そのまま店主さんに渡す。開店当初からずっとこの江戸醤油が看板メニューだ。

f:id:cattee:20181203232812j:plain

f:id:cattee:20181203232825j:plain


ヒゲタ醤油と23区内唯一の酒蔵である小山酒造の「丸眞正宗」をブレンドしたタレを使用しているとのこと。小山酒造は廃業という噂を聞いたことがあるのだけれど、いまはどうなのだろうか。

f:id:cattee:20181203232835j:plain


スープは魚介系のさっぱりとした淡麗系。以前は動物系が強かったような気がするんだけど、いまはかなり旨味の凝縮した魚介といった感じがする。

f:id:cattee:20181203232908j:plain

f:id:cattee:20181203232915j:plain

f:id:cattee:20181203232928j:plain


麺は平打ちの中太縮れ。 もちもちとした食感で、幅広の麺のスープのりも良いから、スープを味わうための麺といった印象。

f:id:cattee:20181203232937j:plain


チャーシューは2種類で鶏ハムが2枚とスチームコンベクションをしたローストポークが3枚、どかーんと入っている。

f:id:cattee:20181203232956j:plain

f:id:cattee:20181203233005j:plain


鶏ハムのほうはさっぱり食べられて、ローストポークはがっつりとした肉感が味わえる。ちょっと肉感強すぎて臭みがあるような気もするが、低温調理の醍醐味ということで。

f:id:cattee:20181203233016j:plain


野菜や玉子、海苔にまでこだわりを見せている丁寧なラーメンは、また食べたいと思わせてくれる。浅草でこの手のラーメンは貴重なので末永く続いてほしいなと思う。こういうラーメンなら頻繁に食べてもだいじょうぶでしょ?

 

ヒゲタ 本膳 720mL

ヒゲタ 本膳 720mL