ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



パスターヴォラでボロネーズ(大手町)

パスターヴォラのパスタの食感を思い出したくて、混雑しているのを分かりつつお昼時にいってみた。というのも、先日いった青山のパスタンティーコがパスターヴォラ系列で、そこのパスタが柔らかくてこんなのだっけと疑問に思ったからだ。単純に疑問だったんです。あとパスタが食べたかっただけ。

f:id:cattee:20181203231644j:plain

やはりというかなんというか、女性10名くらいの列ができていた。オーテモリだしね。そりゃあそうです。丸の内オフィスレディたちはパスタ好きです。

列の最後尾に並び、30分ほどでようやくカウンターに座ることができた。注文は念のためパスタンティーコで注文した、ボロネーズ(1,000円)にした。

f:id:cattee:20181203231708j:plain



調理工程も基本的には同じに見えるし、パスタもおそらく同じ。であればそんなに違った食感にはならなさそう。

f:id:cattee:20181203231722j:plain

5分程度で提供されたパスタを一口食べて、「あ、うん、同じだわ」。ということで、過去に食べたときの食感が記憶違いだったのか、過去のパスタはいまと違う食感にしているかのどちらかだということになりました。ありがとうございました。

f:id:cattee:20181203231733j:plain



むっちむちで柔らかめのパスタである。パスタンティーコよりも若干硬い印象はあったが、ほぼ同じだろう。

f:id:cattee:20181031225225j:plain

粘りがあって、食べたあとの満足感もある生パスタである。味に関してはパスタンティーコのほうがよりトマトが強くて、ソースの味が濃かったように感じる。お肉はたっぷりと入っていて、少しスパイシー。白ワインでもいただこうかしら、となるおいしさである。

パスターヴォラのパスタは一体感があって、満足感がある。大手町でこの価格であれば納得できる。13時を過ぎてもあとからあとから人が入ってきて、僕が食べ終わって出るときもまだ行列が続いていた。オープンしてから数年経つのにまだまだ人気は衰えない。生パスタは偉大である。