ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



うぞうむぞうで赤ワインとおでん(曳舟)

いろいろな方から「曳舟においしいお店ができたよ」と聞いていたのだけれど、なかなかタイミングが合わず、ようやく訪問できたおでんとワインのお店。

f:id:cattee:20181202162246j:plain


ハートランドの生をいただきつつ、いろいろとお話がきけた。お通しはくわいの素揚げかな。

f:id:cattee:20181202162306j:plain

f:id:cattee:20181202162324j:plain


おでんを担当されている方はもともと浅草の大多福にいらした方だそう。そして主にお酒を担当されている方は、バーテンダーとして浅草のオレンジルームなどで修行され、その後は浅草にあった焼鳥屋の萬鳥、その後はちゃこーるで働かれていたとのこと。お二人の得意分野を合わせてお店をはじめられたとのことだった。

f:id:cattee:20181202162340j:plain

f:id:cattee:20181202162410j:plain

f:id:cattee:20181202162430j:plain

f:id:cattee:20181202162401j:plain

f:id:cattee:20181202162403j:plain


おでんまでの肴にまぐろのぬたを注文。こちらのぬたは赤味噌を使っているようだ。ぬたで食べる分葱って本当においしいですよね。まぐろも適度に脂がのっていて、お酒がすすむ。

f:id:cattee:20181202162504j:plain


ビールがなくなったのでとりあえず白ワインに。さっぱりしているものをリクエストして、ピクプールをいただく。ワインのことは全然わからないんだけど。

f:id:cattee:20181202162515j:plain


もうひとつ肴に平目刺し。

f:id:cattee:20181202162526j:plain

ふと魚やおでんに赤ワインは合うのかなと思い、聞いてみると「意外と合うんですよ」とのこと。特に酸味のある赤ワインがいいということでピノノワールをいただく。確かにさっぱりとして平目といっしょに食べてもそれほど違和感はない。

f:id:cattee:20181202162536j:plain


いよいよおでんをいただこう。季節のおすすめは牡蠣ということで、それは絶対に食べたいと思っていた。ちゃんと殻に入った牡蠣をむいて、それを酒燗器に入れる。

f:id:cattee:20181202162546j:plain

こうすると急激な温度変化がなく、身があまり縮まないとのこと。

f:id:cattee:20181202162603j:plain



食べ方がまた変わっていて、牡蠣のうえにバターをのせて胡椒をふってくれる。おでんの出汁とバター、それに牡蠣。もっといえば赤ワイン。これが最高の組み合わせだーって感じではないのだけれど、違和感は全然ない。牡蠣と出汁、牡蠣とバター、牡蠣と赤ワイン、それぞれ合うんだからそりゃあそうだという話だけれど、新しい発見はあった。

白子はもみじおろしでいただく。もうこれはおでんなのかという気もするが、おでんの出汁で食べる白子はおいしい。

f:id:cattee:20181202162614j:plain


定番メニューから玉子とチーズ袋。複数種類のチーズが組み合わさっているらしく、びよーんと伸びる。しっかりチーズを味わえて、これこそおつまみとして酒がすすみそう。

f:id:cattee:20181202162627j:plain

f:id:cattee:20181202162637j:plain


最後にまた季節メニューから、ゆり根入りさつま揚げをいただく。

f:id:cattee:20181202162648j:plain

ゆり根おいしいよね。小さい頃は苦手だった記憶があるのだが、児童文学の「ズッコケ三人組」で無人島に漂着した三人がゆり根をごちそうのように食べる描写があり、それから食べられるようになった。さつま揚げの中にゆり根がゴロゴロ入っていて、満足感のあるおでんだった。

楽しいお話とおいしいおでん、それにワインをいただいてとても満足度の高い夜だった。お店もゆったりとした造りになっているので、落ち着いて飲める。オープンして間もないがもう常連さんもついているようだ。個人的にもまたちょくちょくと寄りたい。いい店できたなー。