ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



うりんぼで博多豚骨ラーメン(浅草)

ちゃんとラーメンを食べるようになってはじめて食べた豚骨ラーメンがこちらだった。ただ家が近かったというだけの理由だけれど。深夜まで開いているのもありがたいんです。

f:id:cattee:20181127235432j:plain

f:id:cattee:20181127235439j:plain


ということでこの日も深夜におじゃました。もちろん酒を飲んでいる。特にお腹も減っていない。ああ、それなのに、それなのに少しでも罪悪感を和らげるために一番シンプルな「ラーメン」(650円)を注文。

f:id:cattee:20181127235449j:plain


それにしてもここは全然変わらない気がする。めちゃくちゃ回転がいいというわけでもなく、接客がすばらしいというわけでもない。ラーメンだってゴリゴリの豚骨というわけでもない。それでも変わらずここにあるのには理由があるのだろう。現に僕もたまに食べたくて来てしまう。

f:id:cattee:20181127235459j:plain


やってきたラーメンはとてもシンプル。

f:id:cattee:20181127235508j:plain

豚骨のわりには匂いもそれほどでもないし、こってりとした感じもない。食べやすい。それでもちゃんとコクがあるのが不思議ではあるし、やあ、おいしいんです。博多ラーメンもいろいろと細分化されているなかで、この豚骨ラーメンは単純に好きなのだ。

f:id:cattee:20181127235516j:plain


おそらくめちゃくちゃに臭い豚骨が好きな人にはあまり評判がよろしくないのだろうと思う。ただ浅草にはあまり豚骨ラーメンがなくて、そうなるとこの食べやすくてシンプルなラーメンが恋しくなるのだ。

麺もバリバリな硬さではなく、意外と加水多めのぐにっとした麺だ。

f:id:cattee:20181127235527j:plain

チャーシューなんて全然印象に残らない。

f:id:cattee:20181127235535j:plain

高菜や紅ショウガ、ゴマをがんがんに入れても罪悪感がないラーメン。これもすべて食べやすさと安定感があるからだろうと思う。

f:id:cattee:20181127235543j:plain


奇をてらった変わり種ラーメンなんてやらず、このままずっとここにあってほしいラーメン屋だ。酒を飲んで、散歩をしているときにちょうど見つかつという良い場所なんです。