ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ひでとらで土佐料理(大阪府・高槻)

阪急高槻市駅近くにある高知料理屋さんで夕食。本格的な高知の郷土料理が食べられるらしく、かつおのたたきもちゃんと藁焼きしてくれるということで、行く前から楽しみにしていた。

f:id:cattee:20181124215435j:plain


予約をしておいたからか奥の座敷に通される。店内はかなり盛況で料理の提供は少し遅くなると前置きがあった。だいじょうぶです。ゆっくり飲みます。ということでとりあえずビールをいただく。

f:id:cattee:20181124215508j:plain

f:id:cattee:20181124215518j:plain

f:id:cattee:20181124215526j:plain


メニューは入荷した食材次第ということで、仕入れられなかった日は休みになってしまう。実は以前にも予約していたことがあったのだが、天候不良で魚が入らなかったらしくキャンセルになったのだ。メニューは基本的に日替わりで黒板に書かれている。座敷にいたので写真を撮らせてもらって、それをみんなで見ながら注文。

f:id:cattee:20181124215634j:plain


最初に注文したのは「酒のあて三種盛り」(600円)と「カキの唐揚げ」(680円)、それにメインの「カツオ藁焼きたたき」の3品。お通しをいただきながら待つ。

酒のあては三種はの内容は酒盗、梅わさ、のりわさ。まさに酒のあてである。早々にビールを飲み終えて日本酒にうつる。特に梅わさがおいしい。

f:id:cattee:20181124215613j:plain


日本酒はあまり銘柄は多くないが高知の有名どころはおさえてあり、土佐鶴から順にいただくことにした。

f:id:cattee:20181124215647j:plain


カキの唐揚げはフライではなくてから揚げ。

f:id:cattee:20181124215659j:plain

サクッとしたパン粉ではなく、ふんわりした衣が牡蠣を包んでいる。ジューシーな牡蠣にカレー塩が意外と合うし、日本酒との相性もよさそう。これだけでゆっくりと鰹を待てそうだ。

f:id:cattee:20181124215734j:plain


時間がかかるという言葉通り、一時間近く経って鰹が登場。以前、高知に行ったときに食べた鰹には感動したのだが、見た目は高知で食べた鰹にそっくり。玉ねぎとネギが豪快にのっかっていて、横にはにんにく。鰹からは藁焼きされたいい香りが漂ってくる。

f:id:cattee:20181124215748j:plain


ポン酢のかかった鰹に薬味をのせていっきにいただくと、これがべらぼううまい。いいすね、鰹。また高知に行きたくなってきちゃう。

f:id:cattee:20181124215811j:plain


しばらく鰹でお酒をいただいて、追加発注。「甘いトマトクリームチーズはさみ」(550円)と「シメサバ大根漬け包み」(680円)、そしてただ好きなだけで「剣先イカ糸造り」(900円)。料理名がちゃんと丁寧に書かれいて、出てくるものが想像しやすいのもいいですね。あと単純に安い。

f:id:cattee:20181124215831j:plain

f:id:cattee:20181124215840j:plain

f:id:cattee:20181124215856j:plain


どれも日本酒が合うものだからついついお酒を飲みすぎてしまった。結局、司牡丹、四万十川、酔鯨とメニューにある日本酒をすべていただいた。最後に「土佐巻きすし」(950円)をいただいて締める。これは鰹の塩たたきの巻きずしで、最後まで鰹を堪能することができた。

f:id:cattee:20181124215927j:plain


少し微妙な場所にあるが、店内はずっと盛況だったので地元では認知された人気店なのだろう。価格もクオリティも居酒屋として非常に高いと思う。高槻に行ったときはまた利用したいし、高知にも行きたくなっちゃったので近々いこうと思う。

 

カツオのタタキ【高知】藁焼き 一本セット

カツオのタタキ【高知】藁焼き 一本セット