ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



醍菜(DAINA)でハチノスのトマトソース煮込み(奥浅草・浅草)

2軒目を探して観音裏をフラフラと歩いていたら、バー"es"の向かいあたりに新しいお店ができていた。

f:id:cattee:20181104225411j:plain

立て看板には ”Oku Asakusa Japanese Diner" とある。オープンすぐであれば身内で盛り上がっているのかなと中をのぞくと先客はなし。カウンターのみのお店で、中にはコックさんのような帽子をかぶった男性がひとり。なんだか期待がもてそうと入店。

f:id:cattee:20181104225420j:plain


一番奥の席に座る。

f:id:cattee:20181104225504j:plain

f:id:cattee:20181104225510j:plain

開店記念でビールが安かったが、お腹はそこそこ膨れていたのでグラスワインの白(550円)をいただく。

f:id:cattee:20181104225454j:plain


オープンしたばかりなんですか?と店主さんに尋ねてみると、ああ、そうなんですと返してくれる。おすすめを聞いてみる。

「ハチノスのトマトソース煮込みなんですが、ちょっと癖があるのでそこはお客様のお好みで。おつまみであればクリスピィチーズがいいですよ」

口数が多いわけではないが、こちらの質問にはちゃんと答えてくれる。

せっかくおすすめしてもらったので、「ハチノスのトマトソース煮込み」(700円)と「クリスピィチーズ」(450円)を注文。

クリスピィチーズはいわゆるカリカリチーズっぽいスナック。

f:id:cattee:20181104225536j:plain

この一皿で様々な味のものが入っているそうで、七味、黒コショウ、ベーコン、カレーなど食べるたべに違う味を楽しむことができる。見た目ではあまり判別つかなかったけど、おつまみとしてはおもしろい。

そしてハチノス。

f:id:cattee:20181104225544j:plain

確かに多少の臭みはあるが、トマトソースなのでそれほどは気にならない。ハチノス自体も口に残る感じはあまりなくて、柔らかくて食べやすい。いっしょに煮込まれているフジッリのほうが粘りが強いくらい。

f:id:cattee:20181104225550j:plain



味が濃いものを2つ注文してしまったので一杯じゃ足りなくて赤ワインも追加してしまった。

f:id:cattee:20181104225558j:plain

この周辺にはバーが多いので、こちらで少し腹を満たしてから、別の店に行くという使い方ができるんじゃないかと思う。

 

ハチノス(約1kg) 【冷凍】

ハチノス(約1kg) 【冷凍】