ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



福八で十勝つぶあんたい焼き(大阪府・心斎橋)

夕方5時。なんだか小腹がすいたときにタイミングよくたい焼き屋さんが目に入る。

f:id:cattee:20181028225137j:plain

本当にタイミングいいな。おやつに食べるたい焼き、すごい好きなんです。迷わずカウンターまで行って注文。

f:id:cattee:20181028225150j:plain


メニューは「入れ替りあん」として「ごまあん」や「紫芋あん」、「スイートポテト」なんてのもある。

f:id:cattee:20181028225213j:plain

f:id:cattee:20181028225225j:plain

逆にたい焼きとしては定番のカスタードやチョコといったものはない。何かこだわりがあるのだろう。ただその日にいただけるのは通常の「十勝つぶあん」と「入れ替りあん」一つの2種類らしい。今回はオーソドックスに「十勝つぶあん」(150円)を注文。

f:id:cattee:20181028225252j:plain


受け取ってさっそく駅まで食べ歩き。見た目は小ぶりな羽根つきたい焼きだ。

f:id:cattee:20181028225316j:plain

薄皮を意識した仕立てになっていて、皮はパリパリであるが、焼きたてという感じではないので若干のしっとり感はある。ただそのおかげで噛むとすぐに餡まで到達するのはいいことだと思う。

f:id:cattee:20181028225330j:plain

餡は「十勝産低糖度、厳選小豆使用が自慢です」と書かれていた。低糖度というところにこだわりがあるのか。甘さを抑えるということはおそらく小豆の風味を重視しているということだろう。あまり風味について考えながら食べたことはないが、確かにたい焼きは甘さ控えめのほうがおいしい。それに口の中がくどくならないというのもいい。食べやすいたい焼きだと思う。

かなり小さめだったのですぐに食べきってしまったが、夕食前の小腹満たしにはちょうどよかった。さて少し歩いてなんばまで行こう。