ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



麺工房武で特製豚骨魚介つけ麺(錦糸町)

唐突にやってくるどうしても濃厚魚介豚骨つけ麺が食べたい時期がやってきたので、近くで食べられる場所を探してやってきた。こちらのお店は以前から気にはなっていたのだが、駅から少し遠く、また同じ区画に他の人気ラーメン店もあって未訪だった。

f:id:cattee:20181013231707j:plain

f:id:cattee:20181013231717j:plain


券売機で勢い余って「特製豚骨魚介つけ麺」(1,000円)のボタンを押してしまう。普段だったら食べきれないから絶対に頼まないのになぜだかいけると思ってしまったのだ。

カウンター越しに食券を出し、10分ほど待ってつけ麺がやってきた。

f:id:cattee:20181013231728j:plain

食べたかったつけ麺のビジュアルである。つけ汁にはかなり油が浮いていて、チャーシューがべろんと顔を出している。確実に濃い味が待っている。

f:id:cattee:20181013231736j:plain


角ばった太麺をつけ汁につけていただく。

f:id:cattee:20181013231748j:plain

ボキボキした麺ではなく、少し柔らかく弾力がある。つけ汁が濃厚なので麺にもしっかり絡む。ちなみに三河屋製麺製とのこと。

f:id:cattee:20181013231753j:plain


つけ汁の中にすべての具材が入っている。さすが特製、麺をつけづらいほどにもりもりだ。特にチャーシューは4枚ほど入っていて、食べても食べてもなくならない。脂身ががっつり入ったチャーシューが麺を食べきったあとにも残っていたほどだ。

f:id:cattee:20181013231806j:plain

f:id:cattee:20181013231812j:plain


スープ自体は定番の味で、動物系の味をしっかり出しつつ魚粉で旨味をがんがん付加している。口当たりはなめらかで思っていたよりも丁寧な印象。聞けば創作系のラーメンもたくさんやっているようで、研究熱心なご主人なのだろうと思う。

結局のところ最後はお腹いっぱいでひーひー言いながら完食。チャーシューの多さが誤算だった。最後はスープ割りで濃厚魚介豚骨の余韻にひたる。

f:id:cattee:20181013231820j:plain

今後は意味不明な自信があっても特製や大盛りは頼まないようにしよう。それがお店にとっても自分にとっても幸せな選択になるはずだ。

 

日清ラ王 魚介豚骨醤油 120g×12個

日清ラ王 魚介豚骨醤油 120g×12個