ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



MAGICAMENTでイタリアン(恵比寿)

金曜日の夜にいつもの友人たちと3人で食事。というにはなんともオシャレなレストランに来てしまったものだ。仕事が終わって恵比寿駅で落ち合い、そこからタクシーでお店へ。タクシーで向かうなんて出世したものである。21歳で出会った頃には考えられないな。

f:id:cattee:20181009232035j:plain


イタリアンだってのにビールをいただいて乾杯。友人たちはノンアルコールだったりするのはいつものことだ。

f:id:cattee:20181009231807j:plain


すべてコースということで説明をうける。パスタを2種類食べたかったので5,800円のコースをいただくことにした。まずはパスタを選ぶことになる。24種類ものパスタを見せられるのだが、オーソドックスなものが食べたかったのでピチとタリアテッレをいただくことにした。

f:id:cattee:20180929131819j:plain

f:id:cattee:20181009232136j:plain


まずは軽くおつまみが出てくる。

f:id:cattee:20181009232148j:plain

こういうのをエントラータというらしい。一口サイズのパルミジャーノや生ハム、そこにパンも添えてある。ビールがあっという間になくなりそうだ。

続いては自家製パン。

f:id:cattee:20181009232159j:plain

もちもちしたフォカッチャのような食感のものと、スティック形状でサクサクしたものの2種類。どちらもおいしい。

赤ワインをいただく。

f:id:cattee:20181009232211j:plain

あまり重くないものでとリクエストしたら微発泡のものが出てきた。グラスが湯呑のようでかわいい。アンティパストは2品で、お魚とお肉がバランスよく出てくる。

f:id:cattee:20181009232251j:plain

f:id:cattee:20181009232259j:plain

f:id:cattee:20181009232327j:plain

f:id:cattee:20181009232338j:plain


そこからパスタが2品。ピチはミントの香りがきいたエトルリア風というもの。

f:id:cattee:20181009232412j:plain

そしてタリアテッレは定番のボロネーゼ。

f:id:cattee:20181009232424j:plain

特にタリアテッレがよかった。麺は1cmないほどの薄さだが、ちゃんと歯応えがあってもち感もある。いつの間にか白ワインを飲んでいた。

f:id:cattee:20181009232435j:plain

f:id:cattee:20181009232441j:plain


セコンドピアットは牛肉のステーキ。お腹としてはかなり満足で食べきれないほどだった。もちろん赤ワインもいただいた。

f:id:cattee:20181009232503j:plain

f:id:cattee:20181009232522j:plain

f:id:cattee:20181009232532j:plain


最後にデザートとコーヒーをいただく。ああ、おいしかったね、そうだね、おいしかったねという会話を友人と金曜日の夜にできたことがとてもよかった。

f:id:cattee:20181009232543j:plain

f:id:cattee:20181009232554j:plain

f:id:cattee:20181009232605j:plain


新入社員の頃はよく仕事さぼってたねえという話ができるのは楽しい。話が弾むいいレストランだった。

 

ちぴ本 (主婦の友生活シリーズ)

ちぴ本 (主婦の友生活シリーズ)