ドッチツカズ

優柔不断な無職がかわいい猫についてや、食べたものについて書いています。


スポンサーリンク



ろく月で特製豚白湯(浅草橋)

かなりひさしぶりのろく月さん。ひさしぶりすぎて初心に帰ろうと「特製豚白湯」(880円)を注文。期間限定の創作系も食べたかったんだけど、それはまた今度にしよう。

f:id:cattee:20181005235749j:plain

f:id:cattee:20181005235804j:plain

f:id:cattee:20181005235912j:plain

はじめて訪れたときは豚白湯って豚骨とはどう違うのと思っていたりしたが、食べてみれば明らかに違う。ものすごくクリーミーだが、豚骨特有の臭みがほとんどないのがすごい。とんでもなく丁寧に出汁をとっているのだろうことがわかる。

f:id:cattee:20181005235831j:plain

f:id:cattee:20181005235840j:plain

豚骨だけではなく、かえしに昆布やアサリを使っているところが九州系の豚骨ラーメンとはまったく違うところだろう。醤油のコクと風味も感じられる。

f:id:cattee:20181005235849j:plain

具材もアスパラ、オクラ、ヤングコーンなどの彩りのよいものが使われていて、見た目に対するこだわりも感じられる。

 

チャーシューはロールのバラ肉が2枚。こちらも豚骨ラーメンにはあまりない厚みのある肉肉しいチャーシューとなっている。

f:id:cattee:20181005235900j:plain

麺は三河屋製麺の中細ストレート。もう少しぱつっとしている印象があったが、今回食べたものは少し弾力が強めだったような気がする。マイナーチェンジがあったのかもしれない。

f:id:cattee:20181005235936j:plain

味玉も濃厚で完璧な半熟具合である。このあたりにも店主さんの丁寧な仕事へのこだわりと努力が感じられる。

f:id:cattee:20181005235949j:plain

このレベルのスープをずっと作り続けるのは相当な苦労があるんじゃないかと思う。そんな中で限定の創作系ラーメンの開発もしているんだから、こちらとしてはありがとうございますとしかいえない。ずっと続いてほしいラーメン屋さんだ。

 

六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX

六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX